うるとくコラム
うるとく うるとく
 

ルイヴィトンの長財布を高く買取ってもらう方法

ルイヴィトンの長財布を高く買取ってもらう方法

ルイヴィトンはバッグだけでなく財布も人気があります。

中でもメンズ、レディースともに幅広い年代の方に人気で使いやすいのが長財布。

今回は、そんなルイヴィトンの長財布の種類や買取相場、高く買い取ってもらえるアイテムについてご紹介いたします。

ルイヴィトンの人気の長財布

ルイヴィトンの長財布には大きくわけて2種類があります。

どちらもそれぞれに魅力があります。

自分の持っている長財布はどちらに当てはまるのか、またどちらの方が自分に合っているのかをよくチェックしていきましょう。

ジッピー

ルイヴィトンの長財布の中でも、ファスナーで開閉できるタイプのものがジッピーと呼ばれる種類です。

ファスナーを開けば大きく開閉することができ、たっぷりカード、小銭、紙幣を入れることができます。

中には150枚程度にカードを収納できるタイプもあります。

それぞれを取り出しやすく、中身が一目瞭然というのもジッピーの特徴の一つ。

ふたつ折りのジッピーもありますが、やはり長財布の方が人気があるようです。

ジッピーの中には一般的な長財布よりも少し大きめで、財布としての役割だけでなくスマホを入れておけたり、ストラップやチェーンが付属していてそのままお出かけできるようなタイプのものもあります。

ジッピーは主にメンズラインで多く展開していますが、このようなミニバッグとしても使用できるものはレディースラインでも人気があります。

ポルトフォイユ

おしゃれなデザインの長財布が欲しいという方に人気なのがこちらのポルトフォイユです。

スナップボタンで開閉できるようになっています。

このスナップボタン式のポルトフォイユは、フラップ部分の色だけが違ったり、フラップボタンが独特のものなどもあり、豊富なデザインの中から自分にぴったりのものを探すことができます。

フラップがエンベロープ型のもの、がま口タイプのもの、異素材を組み合わせたものなどがあり、限定品の数も多いです。

柄のバリエーションも豊富にあり、とくにレディースラインで人気です。

ジッピーよりも薄いものが多いので、バッグの中の荷物を少なくしたい、ポケットにすっきり収まるものがほしいという方にもおすすめです。

柄や色にも注目!

ルイヴィトンには代表的なモノグラムの他、ダミエ、エピ、ヴェルニ、モノグラムマルチカラーなど、様々な柄があります。

やはりルイヴィトンらしいモノグラムは人気ですが、落ち着いた男性にはダミエもおすすめ。

シックな印象を与えつつも、しっかりと存在感を放ってくれます。

また、エピやヴェルニは非常に高級感があり、カラーによっては女性らしさ、男性らしさをそれぞれに主張してくれます。

個性的なカラーも多いので、ぜひお気に入りのカラーを探してみてくださいね。

他の人とは違ったルイヴィトンの長財布がほしいという方にはモノグラムマルチカラーもおすすめです。

また、外見は普通のモノグラムの長財布でありながら、裏地が華やかなカラーといった個性的なデザインのものもたくさんあります。

ルイヴィトンの長財布の買取相場は?

ルイヴィトンの長財布の買取相場はいくらくらいになるのでしょうか。

そもそもルイヴィトンの長財布は使う人の年齢を選ばず、中古市場でも非常に人気があります。

そのため、種類によって安く買い叩かれるという心配はありません。

しかし業者によっては相場よりもかなり低い金額を提示するようなところもありますので、事前に相場を把握してから査定を申し込むことをおすすめします。

新品の場合は7割程度

新品未使用品のルイヴィトンの長財布は、定価の7割程度で買い取ってもらうことが可能です。

とくにポルトフォイユのものは女性から人気が高く、入荷してもすぐに売ることができます。

そのため買取業者は常に在庫が不足しており、場合によっては8割近い価格で買い取ってもらえることも。

メンズ向けのものでも状態が良ければ高価買取となりますので、いくつかの業者に買取査定を依頼して比較してみるのもいいかもしれませんね。

一度でも使用したものは買取価格が大幅に下がってしまいますので、売る予定がある場合は箱にいれたまま不用意に触らないようにしましょう。

中古品は1割から6割程度

一度でも使ったものは中古品となります。

それでも状態がいいものは、定価の6割程度での買取が可能です。

多少のスレがある程度なら、十分に高価買取は可能ですので査定スタッフと交渉してみましょう。

しかし、目立つ傷があったりシミがあるもの、形が崩れてしまっているものはかなり買取金額が下がります。

財布は毎日使うものなので、自分では気づかない内に劣化してしまっている可能性もあります。

状態の悪いものは数千円程度

外面がかなり汚れているだけでなく、裏地部分にもスレがある、ファスナーが壊れている、ボタンが緩くなっているというようなものは、数千円の買取金額になることがほとんどです。

買取業者によってはこれらのジャンク品は買取不可としているケースもありますので、無駄足にならないように事前に買取対象になっているか確認してから査定を申し込むようにしましょう。

これくらい状態が悪い場合は自分でオークションサイトなどに出品する方が高く売れる可能性もありますが、あまりにも状態が悪いものを送ることでクレームなどトラブルの原因になる可能性もあるので注意しましょう。

ルイヴィトンの長財布を高く売るには?

ルイヴィトンの長財布をより高く売る方法についてご紹介いたします。

また、限定品は高く売れるのかについてもチェックしていきましょう。

細部までメンテナンスを

長財布は、バッグよりもポケットやファスナーが多いためメンテナンスが大変です。

査定に出す前は、しっかり拭き取るだけでなく細部まで綿棒などを使ってしっかり綺麗にしてから出すようにしましょう。

メンテナンスをすることで使用感のある長財布の状態がよくなるわけではありませんが、買取業者がその後販売する前のメンテナンスの手間を省くことができます。

また、査定スタッフへの心象もよくなるため、買取金額を少し上げてくれるという可能性もあります。

とくに小銭入れや普段使っていないポケットなどは汚れがたまりやすくなっているので入念にお手入れをするようにしてください。

これらのメンテナンスは買取に出す前だけでなく定期的に行うことで、より長く大切に使い続けることもできます。

限定品が高くなるケースは少ない

ルイヴィトンの長財布はデザインやカラーなど、多くの限定品が登場しています。

限定品は高く売れるというイメージがありますが、ルイヴィトンの長財布は限定品だから高い価格で売れるという訳ではないようです。

ルイヴィトンは世界的に人気のブランドであり、限定品であってもその流通数はかなり多くなっています。

そのためレア度も少なく、長年置いてから売りに出しても一般的なルイヴィトンの長財布との買取価格はあまり変わりません。

自宅で保管することで状態が劣化したり、トレンドとズレたデザインになってしまう可能性もありますので、不要だと判断したら限定品であっても早めに買取に出すことをおすすめします。

ルイヴィトンの長財布を高く買い取ってもらおう

ルイヴィトンの長財布の買取相場や高く売る方法についてご紹介いたしました。

世界中で人気があり、老若男女問わず使うことができるルイヴィトンの長財布。

ご自宅に不要になったルイヴィトンの長財布があるという方は、高く買い取ってくれる買取業者を探して査定に出してみてくださいね。

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

選べる3つの買取方法

バイセルではお客様のご都合に合わせられる出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法をご用意しております。

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。

 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ