うるとくコラム
うるとく うるとく
 

使い勝手の良いヴィトンの手帳ケースは今が売りどき!ヴィトン手帳ケースの人気と買取需要

使い勝手の良いヴィトンの手帳ケースは今が売りどき!ヴィトン手帳ケースの人気と買取需要

何でもデジタル化している現代ではメモを取るのもスマホやタブレットを使用する方が多いですよね。

スケジュールもスケジュール帳には書かず、スマホのアプリで管理している場合がほとんどです。

仕事をしているとどうしてもスピードが重視されるので、手書きよりも素早く保存できるデジタルな方法が活用されやすいんですね。

ですがそんな中でも手帳を愛用している方は意外と多く、昔よりは落ちてきていますが買取の需要や市場での出回りも動きがあるんです。

オシャレに手帳ケースはブランドで固めている人も少なくありません。

数あるブランドものの手帳ケースの中で特に根強い人気があるのが「ルイヴィトン」の手帳ケース。

ただ単に有名なブランドだからではなく、持ち歩きやすく洗練されたデザインになっているので、ビジネスでもプライベートでも良く愛用されているんですね。

取引先の前でスマホでメモを取るよりも、上品な雰囲気が漂うヴィトンの手帳をサッと取り出して書き込んだ方が印象に残りやすい、なんて事もあります。

もし今、自宅で使わなくなったヴィトンの手帳ケースがあれば、レフィルや筆記用具などと一緒に査定依頼をしてみてはいかがでしょうか?

使い勝手の良いルイヴィトンの手帳ケースシリーズ

バッグや財布ほどではありませんが、ヴィトンの手帳ケースにも人気のシリーズがいくつかあります。

それが「アジェンダPM」や「アジェンダMM」というシリーズ。

もうすでに愛用しているという方も多いこのシリーズは持ち運びしやすいデザインと機能性に優れており、デザインも落ち着いたものから女性らしい華やかなものまで数多く登場しています。

モノグラムやダミエ、ヴェルニなどのラインは覗いただけでもルイヴィトンと分かるので買取需要も安定しています。

プレゼントされるのもこのラインが多いですね。

昔はデパートや専門ショップに行かないと購入できませんでしたが、今ではネットで誰でも気軽に購入できるので市場でも中古でもよく見かけるようになりました。

実際にどんなシリーズが人気なのかいくつかまとめてみました。

人気のルイヴィトン手帳ケースシリーズ名

定番中の定番、モノグラムは絵に描いたようなデザインが特徴的で、ロゴもしっかり見えるためルイヴィトンならではの雰囲気を漂わせてくれます→「モノグラムアジェンダPM」「モノグラムアジェンダPMトランクラベル」「モノグラムアジェンダPMマル・アンビレ」「モノグラムアジェンダPMキーボル」「モノグラムインディールアジェンダPM」などなど。

ダミエも同様に落ち着いた雰囲気の中にデザイン性の高い加工が施されています→「ダミエアズールアジェンダPMパッチ」「ダミエ・グラフィット・アジェンダPM」「ダミエ・アジェンダPM・マル」などなど。

カラフルが好きだという方はマルチカラーラインも人気があります→「マルチカラーアジェンダPM・ブロン」「マルチカラーアジェンダPMノワール」などなど。

他にもビビットなカラーと流れるような型押しデザインが人気のエピライン、光沢感がクセになるちょっぴり大人なヴェルニラインからも人気のシリーズが作られています。

手帳ケースは早めに、他とまとめて売るのがオススメ

ルイヴィトンの手帳ケースの買取相場は一般的に「20.000前後」、新品未使用の場合だと最高で「40.000円前後」の買取相場となります。

手帳ケースの使用は年々減ってきています。

もし不要になったのであれば需要があるうちに早めに売ってしまった方が良いでしょう。

逆にバッグなどはプレミアがつく可能性があるので、コラボ商品や限定ものはある程度とっておいても良いかと思います。

ヴィトンの手帳ケースにも廃盤はありますが、プレミアというプレミアはそんなに無いのでやはり早めに売ってしまった方が良いですね。

ここでご紹介した買取相場はざっくりしたものなので、お手持ちの売りたい手帳ケースの買取額を細かくしりたい方は買取業者に依頼してみてくださいね。

また、ルイヴィトンからは手帳のレフィルや筆記用具なども登場しています。

手帳ケースがあるなら合わせて所持しているという方も多いのではないでしょうか?

買取相場はその時のタイミングによって変わりますが、定価の高い筆記用具のスピリットなどは新品であれば50.000円以上で買い取ってもらえる可能性があり、インクボトルやインクカートリッジなども未使用であれば査定してもらうことができるでしょう。

消耗品なので買取の際は事前に査定してもらえるか問い合わせしてみましょう。

手帳ケースを購入した時の箱や袋がある場合は、それらもセットで査定に出してみてくださいね。

多少の査定額アップになることがあります。

今が旬の手帳ケースは早めに売らないと買取需要が下がってしまいます。

不要になったらすぐに買取業者へ!

筆記用具やレフィル、インクカートリッジもある場合もついでに査定してもらいましょう。

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

選べる3つの買取方法

バイセルではお客様のご都合に合わせられる出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法をご用意しております。

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。

 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ