うるとくコラム
 

【喪服の買取】喪服の着物を売る時の買取相場と高く売るコツ!

喪服って売れるの?着物買取のコツ!

今回は喪服の着物の買取相場と高く売るコツについての記事を書いていきます。

喪中や喪中関係の行事に着る「喪服」。昔から第一礼装の位置にあり、嫁入り道具の1つに持たされていました。真っ黒で柄もなく、シンプルゆえに生地や染めの良し悪しが分かってしまう着物ですが、買い取ってもらう事は可能なのでしょうか?

現代では洋装の喪服を着用する方も多く、着付けに時間がかかってしまう事から喪服の着物を売りたいと思っている方も非常に多いと思います。喪服の着物の買取相場やコツ、喪服関連の小物は買い取ってもらえるかどうかなどの情報をまとめてみました。

喪服の着物買取を検討中の方はぜひ参考にしてみてください!

喪服とは?その種類と着用シーンについて

喪服とは?その着用シーン

まず、喪服とはそもそもどんな服装であるかという事について簡単に確認していきましょう。

喪服とは通夜、葬儀、告別式の際に故人の親族や参列者が着用する服の事を指します。男性の場合はスーツが多いと思いますが、女性では着物を着用する方もいらっしゃるかと思います。なお、正式な喪服は黒の着物に五つ紋がついたものに、黒の帯や小物を合わせるのが一般的です。

本来は喪服の着物は誰が着ても良いものですが、近年では故人の親族が着用するものと考えている人が多く、特に通夜や告別式では故人の家族や近しい親族(二親等まで)が着用されるというのが一般的になっています。喪服は格式によって下記のように『正喪服』『準喪服』『略喪服』に分けられます。

喪服の種類

・正喪服…最も格式の高い喪服が正喪服で、葬儀や告別式、一周忌までの法要で喪主や故人の親族等(主催者側)が着用するものとなっています。
・準喪服…葬儀や告別式、お通夜の時に参列者が着用する服装を準喪服と言います。
・略喪服(略式)…三回忌以降の法事や急な葬儀、お通夜に参加する時に着用するのが略喪服です。男性も女性も黒や濃紺等の暗めで控えめな服装を着用すれば間違いありません。

正喪服は親族が着用する

喪服の中で最も格式の高い正喪服は基本的に親族が着用します。なお、正喪服は和装だけを指すわけではなく、洋装を正喪服とする事もあります。

正喪服は親族やその配偶者、近親者が葬儀や告別式、一周忌までの法要に着用します。参列者は主催者よりも格式の高い着物を着るのはマナー違反となりますので、準喪服や略喪服で参列するのが通常となります。

正喪服は男性の場合は黒のモーニングコートにレギュラーカラーの白いシャツ、コールパンツは黒の分量が多い地味なものを合わせましょう。靴下やネクタイなどは黒に統一するのが普通です。また、和装の場合は紋付羽織袴で、紋付きの長着に袴をはき、紋付きの羽織を着用すれば問題ないでしょう。

女性の場合は色は黒が基本で無地のワンピースやアンサンブル、スーツで体のラインが出ない、えり元のつまったできるだけシンプルなデザインが望ましいでしょう。和装の場合は染め抜きの五つ紋の黒無地の着物(黒喪服)を着用します。襦袢と半襟、足袋は白で、草履は布製の黒。葬儀では光沢のあるものは避けるのが基本ですので、帯留めや髪飾り、アクセサリー

準喪服や略喪服の使い分けの仕方

葬儀やお通夜の参列者側の参加者は準喪服や略喪服を着用します。

しかし、急な弔問(仮通夜)は訃報を聞いて急遽駆けつけるもの。きちんとした準喪服で参列すると死を準備していたようでかえって不謹慎に思われることもありますので、略喪服で参列するのがマナーとなっています。

当然ながら翌日のお葬式(葬儀・告別式)にはきちんとした準喪服で参列するのが正しいマナーとなっています。

喪服は買取してもらえる?

?と首をかしげる女性

喪服の着物は着用するシーンも限られており、『持っているが長い間着ていない』『祖母の遺品で出てきたが自分は着ないのでどうしたら良いか分からない』という方も多くいらっしゃると思います。

そんな時に検討したいのが”買取に出す”という選択肢ですが、そもそも喪服の着物は売れるのでしょうか?結論から申しますと、”喪服の着物を買取してもらう事は可能”です。

ただし、冒頭で申し上げたように喪服の着物は極端に着用シーンが少なく、さらには新品もそこまで高額ではないため、買取してくれる業者は限られてくるのと、金額に関してはそこまで高額は期待できません。

家紋が付いている喪服は買取出来ない?

第一礼装をはじめとして、喪服には家紋が入っているのが一般的です。

家紋とはご先祖さまや親族間のつながりを表すものですので、家紋が入っていると着る人が親族限定と限られてしまうため、基本的に買取は難しいと考えて良いでしょう。

ただし、業者の中には家紋が付いていても取り扱ってくれるケースもありますので、家紋が付いているからといって諦めずに相談してみると良いでしょう。

喪服の着物買取相場について

喪服の着物買取

では、喪服の買取相場はいくらくらいになるのでしょうか?

喪服の着物は古いもの、そして先ほども言いましたが生地や染めの良し悪しが分かってしまう場合が多いので、状態や種類によって相場が大きく変わります。まず、高額な喪服だからといって高く買い取ってもらえるという概念は捨ててください。高額な喪服でもあまりにも古かったり、状態が悪いと1,000円以下になってしまうこともあります。ほぼ未使用、状態が良いものでも300円~2,000円程度が1つの相場となるでしょう。

紋つきのものになると買取を拒否される場合も多いです。また、数珠やポーチなどとセットにすると買取価格が上がる可能性があるので、ある方はまとめておくと良いと思います。ちなみに洋装の喪服の場合だとブランドもので10,000円前後と着物の喪服よりも高い買取価格がつくことがあります。

家紋付の喪服の買取相場について

喪服は五つ紋、三つ紋、一つ紋と家紋が入っている数が多い方が格式が高くなりますが、前述した通り家紋が入っている場合は買取金額はかなり厳しいものとなってきます。

家紋付の喪服の場合の買取相場は0円~1,000円程度となってきます。

ブランド物の喪服や新品であれば家紋を抜いて再販なども出来るため、なんにせよ一度業者側に相談してみるのをおすすめいたします。

喪服の着物買取先3選

リサイクルショップ

リサイクルショップでも喪服の着物を買い取ってもらう事ができます。

ただし、買取していないショップもあるので持ち込む前に事前に問い合わせしておきましょう。持ち込む際は数珠などの喪服関連の小物も揃えて持っていくようにしましょう。

喪服に買取価格がつかなくても、小物の方に買取価格がつく場合もあります。本やゲーム、雑貨などと一緒についで感覚で持ち運べるのもリサイクルショップの利点。

査定ですが、着物専門のスタッフが行う訳ではないのできちんと見てもらえない場合があるので注意が必要です。

ネットオークション・フリマアプリ

自分で価格を設定して売るネットオークションやフリマアプリを利用する方法もあります。

リサイクルショップに買いに行くのが面倒だったり、近場にリサイクルショップや呉服店が無い時に利用する方も多く、タイミングが合えばすぐに売れることもあります。喪服の着物買取の需要が無いわけではないので、普段から利用している方は一度出品してみるのも良いかもしれませんね。

ただし、売れないまま時間と労力を無駄にしてしまう可能性も十分にあります。

インターネットの着物買取業者

着物専門のプロにきちんと査定してもらいたい、時間と労力を無駄にしたくない、そんな方はインターネットの着物買取業者をオススメします。インターネットの着物買取業者には目利きのある着物査定スタッフが常在しており、査定の際も安心してお願いできます。

リサイクルショップよりは査定額が上がるでしょう。

さらに訪問買取サービスが利用できるところも多く、直接持ち込む必要がなく自宅にいながら買い取ってもらえるメリットもあります。ネットオークションやフリマアプリのように自分で管理しなくても良いので楽ですよね。着物系であれば喪服以外でも浴衣や振袖などまとめて査定してもらえます。また、他では買取を断られてしまった喪服でもインターネットの着物買取業者だと買い取ってもらえるケースがあります。

「どうせ売れないから」とそのまま捨ててしまうのは少し待ってください!何も調べずに処分費用だけかかるのは勿体ないと思います。

喪服の着物を買取に出す時におすすめなお店

スマホを見る女性

前述した通り、喪服の着物はリサイクルショップやフリマアプリではなく、着物を主力商品として扱っている出張買取専門店で売るのがおすすめです。

ここでは着物を主力商品として扱っているお店の中でいくつかおすすめなお店を紹介していきます。

【1】バイセル

買取方法出張買取、宅配買取、店頭買取
買取対象着物全般(着物、反物、帯、和装小物など)
買取エリア(店舗所在地)出張と宅配は日本全国 バイセル店舗一覧
査定料無料
受付時間24時間365日
バイセルの電話番号・メール問い合わせページはこちらから
公式サイトバイセル公式サイト ▶︎

バイセルはここがおすすめ!

バイセルは日本全国で着物の出張買取と宅配買取に対応している総合リユースショップです。

女優の木村佳乃さんをイメージキャラクターに全国でCMを行っているのでご存じの方も多いと思います。

出張料、査定料、キャンセル料は無料なので自宅で眠っている着物がある方は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

【2】福ちゃん

福ちゃんメイン画像
買取方法出張買取、宅配買取、店頭買取
買取エリア(店舗所在地)出張と宅配は日本全国
査定料無料
受付時間24時間365日
公式サイト福ちゃん公式サイト ▶︎

福ちゃんはここがおすすめ!

福ちゃんは着物をはじめとして切手や古銭、毛皮、ブランド品、ブランド食器等を買取している総合リユースショップです。

バイセルと取り扱い商材も似ていますが、いわゆる競合店にあたります。

福ちゃんは電話かメールで申し込みをすることで日本全国に無料で出張買取してくれるので、わざわざお店まで着物を持っていかなくて良いのがメリットです。

喪服を少しでも高く売るコツ

喪服が劣化する前に売却する

喪服はお葬式等の限られたシーンでしか着用しないため、気付いたら劣化していたというケースも少なくありません。また、お葬式では会食などもあるため、飲食した際に汚れがついてしまう事もあるでしょう。特に喪服は黒一色汚れが目立ちやすいので、劣化すると買取が難しくなってしまう可能性もあります。

喪服に限らず、衣類の買取金額は状態によっても大きく変わってきますので、着ていない喪服がある場合はなるべく早めに買取に出すようにしましょう。

草履やバッグなどの小物も一緒に買取に出す

お葬式などで喪服を用意しなければいけない日は突然やってきます。参列者の場合は準喪服や略喪服で問題ないかと思いますが、主催者側の場合は正喪服を準備しなければなりません。

そのため、草履やバッグなども同時に買取に出せば業者側も喪服セットとして販売する事が出来、買取金額を上乗せする事が出来ます。

喪服と一緒に草履やバッグがあれば買取依頼の際は必ず一緒に出すようにしましょう。

リサイクルショップで売らない

喪服をはじめとする着物を売る時は近くのリサイクルショップに…と考えてしまいがちですが、リサイクルショップですと喪服に詳しい店員がいることは期待できない上に、販売する場所がそのお店だけになってしまう事がほとんどですので高い金額での買取はほぼ期待できません。

喪服を売る場合は着物や衣類を主力商材として扱っている業者に売りに出す方がおすすめでしょう。

喪服を売るなら着物に力を入れている業者に

喪服を売るなら買取を行っている業者の中でも着物に力を入れている業者がおすすめです。

また、出来れば店頭だけで買取しているお店よりも、バイセルや福ちゃんのように出張買取をメインにしているお店の方が高い金額での買取を期待できるでしょう。

 

喪服の買取:まとめ

今回は喪服の買取相場と買取出来る場所について特集していきましたがいかがでしたでしょうか?

喪服は着用シーンが限られてくるため、高額での買取は正直かなり厳しいです。

しかしながら、買取している業者はありますし、着ていない喪服がある場合は思い切って無料査定に申し込んでみる事をおすすめします。

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-805-0301
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。