うるとくコラム
 

七五三の着物の種類!不要になった七五三着物の買取相場まとめ

七五三の着物の種類!不要になった七五三着物の買取相場まとめ

子どもの七歳、五歳、三歳の成長をお祝いするイベントと言えば「七五三」。

一般的には毎年11月15日に地域のお寺や神社に参拝する流れになりますが、最近では好きな時期に参拝するパターンも多く、写真撮影のみという場合も少なくありません。

七五三のお祝いではお子さんが着物を着る機会も多く、テレビニュースなどでもよく華やかな着物を来て参拝に訪れる姿が報じられていますよね。

七五三の着物はレンタルしているという方がたくさんいますが、新調している方も多いんです。

兄弟がいるご家庭ですと「お下がり」の形で比較的長く使用できますが、性別が違ったり、七五三以外に使う機会がないとその後はタンスの奥で眠ってしまう・・・なんて事もよくあるんですね。

子どもの成長は早いですから、少し大きいサイズを購入していてもあっという間に小さくなって着られなくなってしまいます。

そんな時に着物買取業者を利用する親御さんも多いようですね。

「七五三の着物って売れるの?」と驚いた方も多いと思いますが、七五三の着物は買い取ってもらうことが可能なんです。

中には買取を断る業者さんもいるようですが、ネットの着物買取サイトなどでは一式丸々買い取ってもらえるケースも多いようです。

使用されている素材や保管状態にもよりますが、ほとんど着ていない着物であれば比較的高額査定に繋がりやすいので、買取予定がある方はきちんと保管しておくようにしましょう。

ワンポイント

七五三着物や子供用着物の正確な査定額を知るためにまずは専門買取業者に依頼してください。当サイトで最も問い合わせが多い「バイセル」なら全国出張査定で専門の査定員が自宅で無料出張査定してくれます。もちろん、売るかどうか買取額次第なので、「値段だけ知りたい!」方にもおすすめ。

【子供用着物を相場より高く売る】
手続き簡単&安く買い叩かれない買取方法
買取方法鑑定の正確さ高価買取対応地域
リサイクルショップ×店舗周辺
ネットオークション店舗周辺
着物買取専門店全国対応
七五三着物の売却なら業界最大手”バイセル”がおすすめ
  • CMでも有名な利用率No.1の上場企業
  • 全国無料出張可能&キャンセル料・査定料無料
  • 独自の販路を持っているので高価買取可能

(※1点からOK!電話相談も可能)

七五三の着物の種類!両親の服装も和装が基本?

七五三では歳に合わせた着物の種類があります。

男の子は5歳と一度ですが、女の子は3歳と7歳の2回着物を着る機会があります。

女の子の場合、3歳でも7歳でも華やかで可愛らしい着物を着るのに変わりはありませんが、見た目やスタイルが少し変わってくるんですね。

歳別の着物の種類を見てみましょう。

三歳(女の子)

まだ小さいので締め付けが苦しくならないよう帯は「扱き帯」などを軽く蝶々結びにします。

綿入れのコート「被布」を着付けるのも七五三の三歳時ならでは。

三ツ身(四ツ身)の着物+肩揚げ腰揚げ、そして被布を着る形が一般的です。

うさぎさんや蝶々さんなど可愛らしいキャラクターの和装小物と組み合わせるのもあり。

スタジオなどでレンタルする場合は非常にたくさんのデザインや柄が用意されている事が多いので、選ぶのも楽しくなります。

五歳(男の子)

袴姿(長着・仙台平・五つ紋付き羽織・黒羽二重など)が一般的。

シンプルで落ち着いた柄やデザインを着る男の子も多いですが、最近では女の子に負けないくらい華やかで煌びやかな羽織や袴姿でお祝いする子も増えてきています。

スタジオなどでレンタルする場合はセット内容をしっかり確認しておきましょう。

扇子や足袋などの小物オプションが付いていない場合もあります。

七歳(女の子)

三歳の頃とは違い、被布は着付けず、成人式のように振袖姿(帯付き)が一般的となります。

帯の部分に小さな扇子がつくのも七五三の七歳時ならでは。

江戸時代の化粧ポーチとされた「筥迫」がつくのも可愛らしいですよね。

スタジオなどではお子さんの意見も取り入れて、お子さんの好きなデザインや柄を中心に選んであげるようにしましょう。

ちなみに着付けの時間は早くても20分前後の時間がかかります。

お子さんの機嫌が悪い時はすぐにご機嫌を取れるようおもちゃやお菓子などを準備していくと良いと思います。

七五三の時の両親の服装

お子さんが着物を着るからといって両親の服装も着物になるというわけではありません。

控えめなスーツ姿でも大丈夫です!主役はあくまでお子さんですので、結婚式のようにお子さんより目立ったり派手にならないよう注意しましょう。

和装の際は色無地や訪問着が相応しいです。

お子さんの着物の色やデザインと被らないようにしましょう。

七五三着物の買取相場

七五三着物の買取相場

七五三着物の買取相場は「数百円~数千円」となっています。

意外と低い・・・と思う方もいると思いますが、最近は七五三のお祝いを撮影だけで終わらせる方も多く、スタジオの着物をレンタルするので新しく購入するという親御さんが少なくなっているので仕方ない部分もあると思います。

ですが人気のデザインや有名作家の作品ですと普通の着物同様、高額買取してもらえる場合があります。

高い場合だと10.000円前後の買取価格がつくことも。

そのまま処分すると処分費用だけがかかって終わってしまいますが、こうやって買取をお願いすると思わぬ収入を得られることもあるんですね。

新調した七五三の着物を1回しか着ないまま処分するのは惜しすぎる、そんな時は一度着物買取専門店に査定をお願いしてみると良いですよ。

買取査定料やキャンセル料が無料になりやすいのがネットでの着物買取サービス。

店舗だと持ち込む必要があり、別途査定料などがかかる場合もありますので、少しでもかかる費用を減らしたいという方はネットでの着物買取サービスを利用してみてください。

七五三・お宮参りの子供用着物が売れない場合の処分方法は?

七五三・お宮参りの子供用着物は、レンタルにおける中古需要があるため買取の利用も可能ですが、相場は高くても数千円程度となります。
そのため、状態が極端に悪い場合などは、最悪買取不可となってしまうこともあります。

もしも買取業者などを利用したにも関わらず売却できなかった場合には以下のような処分方法も検討してみると良いかもしれません。

七五三・お宮参りの子供用着物の処分方法
  • 1.リメイク
  • 2.NPO団体に寄付する

1.リメイクする

子供用着物は、柄行が華やかな生地となっていることも多く、その生地をリメイクして再利用するケースも増えてきています。
小物入れやバッグ、スマホケースといったアイテムであれば、生地の雰囲気ともマッチしますし、人とは違う個性的なアイテムとして身に着けることができるでしょう。

着用する機会のなくなった着物を、思い出とともに手元に残しておけるという良さもあります。

裁縫が趣味の方や、知人にリメイクグッズを作ることができるという方がいる場合に適した処分方法の一つと言えるでしょう。

2.NPO団体に寄付する

七五三着物だけでなく、着物全般に共通しておすすめとなる処分方法が、無料回収を行っているNPO団体への寄付です。

ただ可燃ごみとして処分するよりは、無償であってもだれか必要な方の手に渡ってくれると考えたら、気持ちも楽に処分できるのではないでしょうか。

ただし団体によっては、郵送に費用が掛かってしまう場合もあるので、事前にHPなどで確認しておくことをおすすめします。

なお、以下の記事では、着物の処分方法についてより詳しくご紹介していますので、処分を検討している方はぜひご覧になってみてくださいね。

中古着物の処分方法は?寄付や買取など知って得する着物の処分方法一覧

まとめ

着用シーンが限られていて、中古需要も一般の着物に比べて少ない七五三着物は、有名ブランドの品や状態が良くないと高値での売却が難しいのが実情です。

とはいえ、着物買取専門店であれば、しっかりと価値を見極めたうえで査定金額を算出してくれますし、手数料無料で利用することができるので、捨ててしまうのでれば一度利用してみる価値はあるでしょう。

そこで値段が付かなかった場合には、リメイクや寄付といった処分の道も検討してみることをおすすめします。

当サイトでは、着物買取の専門業者を国内39社を調査、おすすめ業者をピックアップしてご紹介しています。買取を利用する予定の方はぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

着物買取【全39社徹底調査】口コミと評判で選ぶ専門業者

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-805-0301
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。