うるとくコラム
うるとく うるとく
 

切手やはがきは買取ってもらえる?買取価格はどれくらい?

切手やはがきは買取ってもらえる?買取価格はどれくらい?

引き出しや遺品を整理していたら大量に使っていない切手やはがきが出てきた…という経験はありませんか?最近では手紙を出すこともほとんどなくなり、切手やはがきの需要はかなり落ちてきています。

そんな不要な切手やはがき。

使わないといってもゴミにしてしまうのはもったいないですよね。

切手やはがきは買取ってもらうことができるのか、その他の処分方法についてもご紹介いたします。

不要な切手やはがきの処分方法は?

切手やはがきは1つ1つに額面通りのお金がかかっていますので、そのまま捨ててしまうのはなんだか心苦しいですよね。

では、使わない切手やはがきはどのように処分するのがいいのでしょうか。

主な方法としては、郵便局で新しいものに交換してもらう、金券ショップで買取ってもらう、切手やはがきの買取業者に買取ってもらう、オークションやフリマアプリで出品する、懸賞などに利用する、国際協力活動団体などに寄付するといった方法があります。

この中でも直接現金になるのが、金券ショップや切手やはがきの買取業者に買取ってもらう方法、オークションやフリマアプリに出品する方法です。

まだ手紙を書く機会がある方は郵便局で交換してもらうのもいいですし、お金目的ではなく処分したいという方は寄付という手もあります。

切手やはがきの寄付を受け付けている団体を探してみましょう。

郵便局で切手やはがきの買取はしてくれる?

郵便局では、切手の交換はしてくれても現金に直接かえる交換はしてくれません。

その切手やはがきが不良品、印刷ミスなどであった場合は交換の対象となります。

しかし印刷ミスなどのエラー切手、エラーはがきはマニアにとって非常に価値の高いものですので、見つけたら郵便局に返すのではなく切手やはがきの買取業者に買取をお願いするようにした方がいいかもしれません。

郵便局で切手やはがきの交換はしてくれる?

郵便局では切手やはがきの交換を受け付けています。

販売期間が終了してしまったくじ引き番号付きのはがきや絵の入ったはがき、広告付きのはがきなども交換の対象です。

はがきからはがきに、切手から切手に、切手からはがきに、はがきから切手にといった交換も可能ですので、はがきは使わないけど切手はたくさんほしいなどという方にはおすすめです。

また、不足している分の金額を支払うことでより高額の切手やはがきと交換することも可能。

500円切手など使用用途の低い切手も、手数料を支払えば82円などの使いやすい切手複数枚と交換してもらうことが可能です。

年賀はがきなどがあまってしまったという場合も、普通のはがきと交換してくれます。

切手やはがきをまだ使う予定のある方は、このような交換制度も利用してみるといいでしょう。

切手やはがきを金券ショップで買取してもらうメリット

切手やはがきを使うことがほとんどないという方はその切手やはがきを買取ってもらう必要があります。

中でもメジャーなのが金券ショップに持ち込むという方法ですね。

金券ショップでは、通常の切手やはがきが好まれます。

会社で使うためにまとめて購入する方が多く、定価で購入するよりも安く売っていることが多いです。

そのため買取価格も額面通りというわけにはいきません。

半額か、それより少し高いくらいだと考えておいていいでしょう。

また、切手ならシートでまるまる1枚残っているものの方が金券ショップ側としても販売しやすく、買取価格も少しではありますが高くなります。

切手ならくじ引き番号、広告などがついていないものを。

1枚などでなく数十枚から数百枚まとまったものを売るのがおすすめです。

年賀はがきなどは買取不可となる可能性もあるため、郵便局で普通のはがきと交換してもらってから金券ショップに持ち込むことをおすすめします。

切手やはがきを金券ショップで買取してもらうデメリット

金券ショップではビジネス目的で使用できる切手やはがきの買取を行ってます。

そのため、古いもの、レアなもの、イベントや行事を記念して作られた記念切手などは買取ってもらえない可能性が高いです。

本来なら非常に価値が高く、切手マニアが高額を支払うような切手、はがきでも、金券ショップに持ち込むことで安く買い叩かれたりそのまま処分されてしまうかもしれません。

一般的に出回っている切手やはがきではないものを売りたい場合は、金券ショップではなく切手やはがきの買取業者に買取査定をお願いすることをおすすめします。

切手やはがきを買取業者で買取してもらうメリット

買取業者では、価値のある切手やはがきの買取を行ってくれます。

昔のもの、海外のもの、印刷エラーなどがあるものをお持ちの方は、金券ショップではなく買取業者に依頼するようにしましょう。

しかし買取ってもらえるとはいっても、その切手やはがきの額面以上の買取金額になることは非常に稀なケースです。

よほど価値のあるもの、切手マニアに喜ばれるもの以外は、古い切手であっても額面以下の買取金額となるので注意しましょう。

また、買取業者もたくさんありますが、切手やはがきについての知識があるスタッフに査定してもらえるところに依頼するのも大切です。

せっかく買取業者に依頼するのですから、しっかりその価値や状態を見極めて適正な価格で買い取ってくれる買取業者を見つけてみてくださいね。

切手やはがきを買取業者で買取してもらうデメリット

買取業者と一口にいっても、その買取基準は様々です。

金券ショップのようにすぐに使えるような切手やはがきばかりを買い取っている業者もありますし、本当に価値のある切手やはがきをマニアのもとへ届けるために買取を行っている業者もいます。

自分が売りたい切手はどちらに分類されるのか、また売りたいと思っている買取業者はどんなジャンルの切手の買取が得意なのかをよく見極める必要があります。

また、切手やはがきの買取業者の数は非常に少なく、近所で見つけるのも一苦労。

ネットで買取を受け付けている買取業者ならたくさんありますので、近所で見つけられないという方はネット上でより高く買取を行ってくれる業者を見つける必要があります。

切手の買取相場はどれくらい?

切手ははがきと比べて非常に種類が多いため、その買取価格にも大きなバラつきがあります。

通常の切手であれば額面の半額から少し高いくらい。

古い切手であっても、よく出回っていたものであればそれくらいの金額になります。

しかし記念切手、プレミアム切手、期間限定で発行された切手などは数が少なく絵柄が美しいものが多く、切手マニアの中では非常に喜ばれます。

そのため、中には数千円から数万円になるという切手も!

海外の切手、琉球切手なども人気がありますので、このような切手をお持ちの方はぜひ買取査定に出してみましょう。

はがきの買取相場はどれくらい?

はがきは切手と比べるとあまり変動がないため、こんなはがきは高価買取!

というケースはほとんどありません。

年賀はがきなど使う機会の少ないものは買取価格が下がってしまうので注意しましょう。

もしはがきを高く売りたいという場合は、キレイな状態で保管しておく、単品ではなく100枚などまとめて買取に出すという方法がおすすめです。

不要な切手やはがきを買取ってもらおう!

不要な切手やはがきをお金にする方法をご紹介いたしました。

もう使う予定のない切手やはがきは買取業者や金券ショップを利用して、上手にお金に換えていきましょう!

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

選べる3つの買取方法

バイセルではお客様のご都合に合わせられる出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法をご用意しております。

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。

 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ