うるとくコラム
うるとく うるとく
 

切手は郵便局で買取ってもらえる?他のおすすめ買取方法

切手は郵便局で買取ってもらえる?他のおすすめ買取方法

自宅に不要な切手がある場合、なんとかして換金したいですよね。

そこで真っ先に思い浮かべるのが、切手を販売している郵便局で買取ってもらうという方法。

郵便局で切手を買取ってもらうことは可能なのか、またその他に切手を買取ってもらう方法はあるのかどうかをご紹介いたします。

切手は郵便局で買取ってもらえるのか

切手の買取についてですが、郵便局では切手の買取、払い戻しはできません。

切手を持って行っても現金に換えることはできないので注意しましょう。

郵便局でできるのは、切手の交換です。

切手をはがきに交換したり、切手を別の額面の切手に交換するといった選択肢があります。

しかし郵便局での切手の交換には手数料がかかってしまいます。

切手の使用期限は単価が「円」である以上いつまでも使い続けることができますので、無駄な手数料を支払って交換するよりかは手紙を出す機会にコツコツと消費していく方がお得かもしれませんよ。

下記からは、切手の交換方法についてご紹介いたします。

切手を郵便局ではがきに交換する

切手をはがきに交換する場合、交換できる対象となるのは通常のはがき、または絵入りのはがき、インクジェット紙のはがき、さらにくぼみ入りのはがきとなります。

年賀状用のはがきなど、くじ引き番号付きのはがきには交換できませんのでご注意を。

切手をはがきに交換するには、1枚で5円の手数料が必要になります。

62円のはがきと交換するには、62円の切手にプラスして5円支払わなければならないのです。

この5円は現金ではなく切手でも対応することが可能です。

また、往復はがきに交換する場合は1枚で2枚分、10円の手数料が必要となりますので気をつけておいてくださいね。

切手を郵便局で切手に交換する

切手を郵便局で切手に交換する、という方法もあります。

持っている切手の額面が500円などあまり使う機会がない金額の場合、82円などよく手紙で使う金額の切手に交換したほうがお得で使いやすくなりますよね。

切手と交換できる切手は通常切手のみとなります。

期間限定で発売される特殊切手などとは交換できないので注意しましょう。

また、切手から切手に交換する場合も、手数料として1枚につき5円が必要になります。

これも切手の金額でまかなうことができます。

切手を使いやすい金額にする方法もありますが、定形外などで重たい荷物を送る際に大きな金額の切手が役立つこともあります。

本当に手数料を支払ってまで交換すべきなのか、一度考えてから交換してもらうようにしてくださいね。

切手を郵便局で特定封筒と交換する

切手ははがきや切手だけでなく、特定封筒と交換することも可能です。

特定封筒とはレターパック封筒、スマートレター封筒のこと。

これらは信書も送ることができ、ビジネスなどで活用することができます。

中でもレターパック封筒は4キロ以内のものを全国どこでも一律の送料で送ることができ、追跡サービスもつけることが可能です。

一方でスマートレター封筒はA5サイズ、厚さ2センチ、1キロまでのものを全国一律の送料で送ることができます。

特定封筒に切手を交換する場合は、手数料が41円かかります。

はがきや切手と交換するよりもかなり手数料が高くなってしまいますので、よっぽど切手を使う機会がないという方だけにしておいたほうがよさそうですね。

切手を郵便局で無料で交換する方法

郵便局での切手の交換には手数料が必要ですが、中には無料で交換できるケースもあります。

例えば年賀はがき。

親戚の不幸などで年賀はがきが使えなくなってしまったということもありますよね。

このような場合は年賀はがきから通常のはがきに交換することが可能になります。

年賀はがきは他にも郵便書簡、特定封筒にも無料で交換することが可能。

年賀はがきを余らせてしまったという方も、ぜひこの方法を利用してみてくださいね。

切手の買取方法

?金券ショップ

切手は郵便局では買取ってもらうことはできません。

ではどのような場所で買取が可能なのでしょうか。

その一つに金券ショップがあります。

駅前などにある金券ショップを利用したことがあるという方も多いかもしれませんね。

金券ショップでは百貨店の金券や図書カード、クオカードの他、新幹線のチケットや舞台、映画のチケット、テレホンカードの他に、切手やはがきも販売されています。

まとめて購入したほうが定価で郵便局で購入するよりもいくらか安く購入できるため、はがきや手紙をよく出す人、ビジネスシーンで切手やはがきが必要な人などに喜ばれるようです。

金券ショップでの切手の買取は残念ながら額面以上になることはありませんが、シートのまま残っている切手なら額面の8割から9割、バラで買取ってもらう場合は額面の6割程度の価格で買取ってもらえるようです。

切手の種類や状態によって買取価格は変動しますので、この値段だと信じすぎず、またあまりにも買取価格に不満がある場合は別の金券ショップに相談してみるのもいいでしょう。

金券ショップでの買取に向いている切手

金券ショップでは使うことを想定したものが売られています。

そのため、切手も未使用で状態がキレイなものの方が高く買取ってもらうことができるでしょう。

シートにそのまま残っているような切手はとくに金券ショップでの買取に向いていると言えます。

また、金券ショップで切手を買う人の多くはビジネスシーンでの使用を想定しています。

そのため、ビジネスシーンで使いやすい普通切手は金券ショップでも需要が高く、喜んで高めの買取価格を提示してくれることでしょう。

反対に使いにくい金額のもの、派手な絵柄のもの、使用済みの切手などは買取不可となることもありますのでご注意を。

金券ショップでの切手の高価買取のコツとしては、バラの切手を台紙貼りするということ。

台紙に同じ金額の切手をまとめて貼ることで金券ショップのスタッフが金額を確認する手間が省け、また売りやすくもなるので、金額を上乗せしてくれることがあるようです。

基本的にA3の用紙に10列5行の50枚を貼り付けるのが一般的な方法です。

自宅に大量に使わない切手があ??という方は、ぜひ台紙貼りをしてから金券ショップに持ち込むようにしてください。

?買取業者

切手の買取は金券ショップだけでなく、切手の買取業者に買取を以来するという方法もあります。

切手の買取業者は確かな技術、知識、経験をもとに、切手の額面だけでなくその価値をしっかり見極めてくれます。

買取金額は主に額面以下とはなりますが、中には本当に価値があり切手収集を趣味にしている方に高額で販売できる切手もあります。

売りたい切手にこのような貴重な切手が紛れている場合は、思わぬ価格になる可能性もあります。

使用済みの切手であっても買取可能なケースが多いのも嬉しいポイントです。

切手買取業者はその切手の価値だけでなく、状態も見て査定しています。

未使用の切手でも裏面のノリが落ちていて使いにくい、切手をアルバムに保管していた際にテープを使っていたためにあとがついてしまっている、さらに汚れ、シミ、折れ、破けがあるという場合も、その切手の価値を問わず買取価格が下がってしまうので注意しましょう。

買取業者での買取に向いている切手

切手買取業者で査定してもらうのにおすすめの切手は、プレミア切手です。

プレミア切手とは普通切手ではなく記念切手、特殊切手、エラー切手など、普通に購入しにくい切手のこと。

切手収集がブームとなった1960年以降は様々な稀少な切手が発行されました。

また、それ以前の切手は収集していた人が少なく、現存しているものがかなり少ないと言われています。

このような切手が自宅にある場合は、額面以上の価格がつく可能性が高いです!

また、海外の切手、とくに昔の中国の切手は非常に珍しく、切手収集家の中では高額で取引されています。

価値の高い切手であればバラでも使用済みでも高価格で買取ってもらうことが可能ですよ。

金券ショップでは使いやすい切手ばかりが買取されますが、買取業者を利用すればこのような古い切手、価値のある切手も買取ってもらうことが可能ですので、お手持ちの切手がどのタイプなのかをしっかり見極めて買取先を探すようにしましょう。

?オークション

切手をオークションで売る、という選択肢もあります。

オークションサイトは近年でも需要が増え続けており、切手収集家もチェックしている方が多いようす。

オークションの最大の魅力は、自分でその切手に価格をつけられるという点ですね。

金券ショップでは額面以下での買取となりますし、買取業者でも実際に査定してもらうまでは切手がいくらになるのかはわかりません。

悪質な買取業者に以来してしまうと、本当に価値のある切手であっても安く買い叩かれてしまう可能性があります。

それが嫌だという場合は、オークションを利用してみましょう。

オークションなら好きな価格をつけられますし、本当に価値のあるものなら想定していた価格より高く売れることもあります。

しかしオークションサイトで有名なヤフオク!

などは登録にお金がかかりますので、切手のようなあまり高い売上が期待できないようなものだけを売りたいならかえって損をしてしまう可能性も。

販売手数料などは必要になりますが、フリマアプリなどを活用する方法もおすすめです。

切手は郵便局で買取できない!

他の買取方法を試そう

切手を郵便局で買取ってもらうことができるのか、他に方法はあるのかについてご紹介いたしました。

切手は郵便局で買取してもらうことはできませんが、交換は可能です。

買取してもらいたいという場合は金券ショップに持ち込んだり買取業者に査定を依頼したりオークションで自由に価格を設定してお金に換えていきましょう。

売りたい切手の種類、状態などから判断して、どの方法が一番高く売れるのかを考えてみてくださいね。

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

選べる3つの買取方法

バイセルではお客様のご都合に合わせられる出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法をご用意しております。

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。

 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ