うるとくコラム
うるとく うるとく
 

「100円硬貨」に古銭の買取価値はある?高額査定が狙える条件とは

「100円硬貨」に古銭の買取価値はある?高額査定が狙える条件とは

ゲームセンターやガチャガチャ、自動販売機などで使用することが多い100円硬貨。

現在流通している硬貨でも買い取って貰える事例はたくさんあり、100円硬貨も例外ではありません。

一般的な100円硬貨の買取相場は額面とほぼ一緒ですが、中には数万、数十万もするプレミアの100円硬貨も存在するので、見慣れた硬貨でも高額査定が狙えるようになっているんですね。

今の額面の100円硬貨が初めて登場したのは昭和32年(1957年)で、百円白銅貨という正式名称があります。

初めて製造・発行されてから今まで数回、正式名称や使用素材が変わっており、その種類によっても買取価格に差がつくようです。

もちろん傷や汚れのないキレイな状態のものや、まったく使用していないものの方が高額査定を狙いやすいのですが、できればプレミアの100円硬貨を中心に買い取ってもらった方が買取額も高くて、嬉しいですよね。

それでは100円硬貨の種類や高額査定が狙えるプレミアの条件などをチェックしてみましょう。

100円硬貨の種類

100円硬貨の種類をざっくりご紹介したいと思います。

まずは「100円銀貨」。

100円銀貨はその名の通り、銀が素材として使用されています。

その含有率は額面以上であり、それだけ当時は銀が安かったという事が分かります。

100円銀貨のデザインは2種類。

鳳凰が描かれているものと稲穂が描かれているものがあり、古銭コレクターの間でもコレクションする方が多い傾向にあります。

また、1964年に開催された東京オリンピックの記念硬貨として「東京オリンピック記念100円硬貨」も発行されています。

デザインは五輪と聖火となっており、発行枚数はおよそ8.000枚となっています。

記念硬貨ではありますが、所持してきちんと保管していた方も多く、比較的キレイな状態で市場に出回っているんですね。

2つ目は「100円白銅貨」。

昭和42年(1967年)から発行・製造された今も馴染みあるデザインの100円玉となっています。

古銭の中でも長い歴史があり、ずっと図案が変わらず流通しているのが大きな特徴となっています。

その名の通り、素材は白銅=ニッケルと銅の合金に変わり、銀は使用されなくなりました。

100円硬貨で高額査定が狙える条件

基本的に額面と一緒の価値となる「100円硬貨」。

古いものでも市場によく出回っているものはせいぜい2倍程度までしか価値が上がらないと言われています。

そんな100円硬貨で高額査定が狙える条件をいくつかご紹介しましょう。

もしかしたら知らない間に所持しているかもしれません。

①100円硬貨のエラーコイン

硬貨ならではのプレミア条件。

製造段階でミスがあったもので、本来ならば流通する事なく、市場にも出回らない極めて希少性の高い100円硬貨となっています。

文字ズレや影打ちなど状態は様々ですが、どれも10.000円~20.000円以上の買取相場になるとされています。

最大で100.000円前後になることも・・・。

②稲穂100円硬貨

<p先ほどもお話したように素材に銀が使用されており、その含有率が60%にもなるので最低でも額面以上の120円前後の買取価格が期待できます。

1枚で計算すると大した買取額にはなりませんが、これが何十枚となるとちょっとしたお小遣いになりますよね。

特に1961年と1964年の稲穂100円硬貨は発行数が少ないため、高額査定がつきやすく、状態の良いもので1.000円前後の買取価格がつく場合があります。

違うデザインの鳳凰100円硬貨もありますが、こちらは安定した発行数だったため希少性はそこまで高くなく、1枚200円程度の買取相場となっています。

③桜100円硬貨

<p1967年から現在まで発行されている馴染みある100円硬貨。

現在も流通していますが、稲穂と同じく1961年と1964年のものが発行数が少なく、希少性が高くなっています。

通常は額面通りですが、発行数の少ない時期のものですと1枚500円以上の買取相場になったりします。

現在流通している100円硬貨ならお財布や貯金箱の中にもたくさんありますよね。

もしかしたら1961年と1964年に発行されたものが混ざっているかもしれません。

100円硬貨を売るならどんな方法が良い?

種類もあり、エラーコインなど専門的な知識がないと素人では見極めが難しい100円硬貨。

リサイクルショップなどでもコインの買取は行っていますが、スタッフが素人である場合も多く、適切な買取査定をしてもらえない可能性があります。

できれば専門の業者に頼むのが良いでしょう。

近くに古銭の買取業者があるなら持ち込んで、近くにない場合はネットの古銭買取サイトに依頼してみてください。

買取を依頼する際には他の古銭もまとめて査定してもらいましょう。

ネットの古銭買取サイトなら様々な古銭をまとめて査定してくれます。

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

選べる3つの買取方法

バイセルではお客様のご都合に合わせられる出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法をご用意しております。

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。

 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ