うるとくコラム
うるとく うるとく
 

旧1万円札にはどれくらいの価値がある?1万円の種類と古銭買取事情

旧1万円札にはどれくらいの価値がある?1万円の種類と古銭買取事情

少しでもお金にならないかと自宅や遺品の整理をして、貴重なものを探した経験はありませんか?今ではどんなものでもオークションやフリマアプリに出品され、安くても売れる時代になっていますが、それでも高値で取引できたら嬉しいですよね。

どうせ買い取ってもらうなら一角千金を狙いたい・・・そんな方にオススメしたいのが「古銭」です。

その名の通り江戸時代の大判小判や明治時代の珍しい硬貨、昭和のエラーコイン、ギザ十や紙幣の印刷ミスなど様々なプレミアが隠れている貴重なもので、もし自宅やおじいちゃんおばあちゃんの家、敷地内の土の中から発見した場合はお小遣い以上の収入をゲットできるチャンスになるかもしれません!

中でも使わずに持っている方も多い「旧1万円札」。

金額も金額なので買取相場が高いと思っている方もいると思います。

実際の買取価値はどれくらいあるのでしょうか?これを機会にチェックしてみてください。

旧1万円札は種類と条件で買取相場が高くなる

「旧1万円札」は今までに2種類発行されています。

現在使用されているものも含めたら3種類になりますね。

意外と種類は少ないんです。

最も古い1万円札が聖徳太子が描かれたタイプで、1958年(昭和33年)から1986年(昭和61年)に製造・発行されました。

その次が馴染みある福沢諭吉が描かれたタイプで、1984年(昭和59年)から2007年(平成19年)まで製造・発行され、2007年以降は今流通している1万円札となります。

ちなみに聖徳太子の1万円札も昔の福沢諭吉の1万円札もお店など日常で使用することができます。

「旧1万円札」の基本的な買取相場は額面通り?

比較的新しく、発行枚数も十分にあった「旧1万円札」は残念ながら買取相場は額面(1万円)通りとなることがほとんどのようです。

これは最も古い聖徳太子の1万円札でも同じであり、旧5.000円札や旧1.000円札も同じ状況になるんですね。

古銭にプレミアがつく場合の多くは「発行枚数の少なさ」が関係してきます。

毎年十分な枚数が発行されていた旧1万円札は市場にも出回っており、すでにコレクション済みの方も多いので買取相場が上がらないままになっているんですね。

買取価値が額面と一緒なのであれば、使用することもできますし、そのまま日常生活で使ってしまっても構わないでしょう。

ですが、昔のお金なので使用拒否されたり、自動販売機では使えないなど色々と不便な事もありますので気になる方は銀行で現1万円札と交換してもらってください。

額面通りの価値であれば交換してしまっても損にはなりません。

額面割れする場合は無理に買い取ってもらわない額面と一緒の価値がある

「旧1万円札」ですが、稀に買取相場を知らずに買取業者に買い取ってもらってしまったというケースがあります。

そうなると額面と同じ査定にはなりますが、査定料が差し引かれて1万円以下となり、少なからず損をしてしまいます。

額面割れするような場合は無理に買い取ってもらわないで、そのまま所持しておくか、自分で足を運んで銀行で交換、時間があるのならオークションに出品してみるのも良いと思います。

もし、聖徳太子の旧1万円を探しているコレクターの方と上手く交渉が進めば1万円以上で買い取ってもらえる可能性もあるでしょう。

旧1万円札はナンバーやエラーものでプレミアになる

旧1万円札でもプレミア価格となるものが存在します。

それが珍しいナンバーやエラーのある旧1万円札。

端の方にナンバーが記載されている紙幣全般に言えますが、連番であったり、ゾロ目であったり、ナンバーの両サイドに記載されているアルファベットが珍しい組み合わせだったりすると、額面の何倍もの買取価格がつく傾向にあります。

紙幣でプレミアがつくものの多くはこのナンバーの珍しさが条件としてついてくるんですね。

コレクターの方もナンバーに注目しながらコレクションしている方が多いです。

今所持している旧1万円札があるなら先にナンバーをチェックしてみてくださいね。

また、印刷ミス(エラー)もプレミアになりやすいです。

デザインがズレていたり、重なって印刷されていたりと本来なら流通しないエラー紙幣だと未使用品(ピン札)で数万円前後の買取相場になることもあるんですね。

プレミア紙幣の場合、プレミアとして取り扱ってもらえない買取業者もあるので、買取依頼先はいくつか候補をあげて比較してから査定してもらうようにしましょう。

オークションで欲しい人と直接取引した方が高値となるケースもあります。

見慣れない「福耳つき1万円札」にも注目

製造段階の裁断ミスで起こる「福耳つき1万円札」も珍しいナンバーやエラー紙幣と同じくプレミアとなります。

紙幣の四隅のいずれかに余計な紙の欠片がくっついているもので、見た目からすぐに分かります。

比較的古くに発行された紙幣に見られ、旧1万円札であれば見つかる可能性も高いです。

ぜひチェックしてみてください。

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

選べる3つの買取方法

バイセルではお客様のご都合に合わせられる出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法をご用意しております。

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。

 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ