うるとくコラム
うるとく うるとく
 

昔の千円札は買い取ってもらえるの?種類別の価値まとめ

昔の千円札は買い取ってもらえるの?種類別の価値まとめ

大掃除の時などに古いお金を発見した事はありませんか?コレクターじゃない方でも古銭をなんとなく保管していたという方も多いと思います。

日本の貨幣は今までに何度もデザインや種類、素材を変えて流通してきました。

新しいものが発行されれば前のものは製造中止になり、徐々に市場にも出回らなくなります。

古い物は価値が高くなるのは古銭に限った事ではありませんが、入手が難しい事、発行枚数が時期によってバラバラである事などから、中には高値で取引される、いわゆるプレミア古銭というのも存在します。

今回ご紹介するのは現在も見慣れている「千円札」。

現在流通しているものは簡単に手に入るので買取価値も額面と一緒かそれ以下になってしまいますが、昔日本で流通していた千円札であれば100.000円以上の買取額がつく場合があるんです。

古い紙幣を持っている方は、ぜひ一度整理してみてくださいね。

昔の千円札は買い取ってもらえる?種類別の買取相場・価値

古銭をコレクションする方は多く、買取の需要も十分にあるので、今は使えない昔の千円札でも買い取ってもらうことは可能です。

保管状態にもよりますが、比較的キレイな状態のものであれば額面以上の買取価格が期待できます。

紙幣は硬貨よりも傷みやすく、破れてしまうので取り扱いには十分に注意しましょう。

少しでもキレイにしようと独学でクリーニングするのは大変危険です。

せっかくのプレミア千円札がボロキレになってしまう可能性があるので、発見した状態のまま査定してもらうようにしましょう。

千円札は昔のも含めて5種類あり、デザインや発行時期も異なります。

買取相場や価値も変動するので、買取の際にはある程度知識を入れておくようにしましょう。

種類別の買取相場や価値まとめ

①甲号券(1945年~1946年)

一番最初に登場した千円札で、デザインは日本武尊と建部神社となっており、額面の表記も千円、1000円では無く「千圓」と書かれているのが特徴。

裏面には細やかな紋が描かれています。

1945年に発行されたものですが、わずか一年で発行停止となり、流通した枚数も少なかったため希少価値の高い千円札となっています。

古い千円札、そして発行数が少ないので甲号券の買取相場は100.000円以上となる場合が多く、未使用品・美品であればさらに査定額が上がる可能性を秘めています。

見つけた際は保管方法に気をつけて査定まで丁寧に所持しておきましょう。

②B号券(1950年~1965年)

「アルファベット(1~2桁)+数字(6桁)+アルファベット(1桁)」と今の千円札に印刷されている同じ形式のナンバーが採用された初めての千円札であり、デザインは聖徳太子と法隆寺夢殿、日銀と桜花の透かしとなっています。

当時の印刷技術の進化により偽造される事も多かったため、長く流通される事がなく、また、珍しいナンバーとの組み合わせにより希少性の高いものには10.000円以上の買取価値があるとされています。

B号券は偽造されている、いわゆるニセモノも存在しているので注意が必要です。

③C号券(1963年~1986年)

使用されなくなるまでに約129億枚も発行されたので印刷されているナンバーもぐるりと一巡しており、市場にも出回っているので上記の2種類と比べると買取価値は落ちてしまいますが、それでもプレミアになると20.000円前後の査定額がつく場合があります。

デザインは伊藤博文、透かしには伊藤博文の横顔が採用されています。

プレミア以外のC号券は基本的に額面と同じ買取相場となります。

D号券は夏目漱石、E号券は野口英世がデザインされている馴染みある千円札で、新しい時期のものなので買取相場がグンと上がることはありません。

千円札のプレミアとは?

現在の千円札から旧千円札まで、プレミアと呼ばれるものの多くは「珍しいナンバー」や「エラープリント」のものとなっています。

もちろん出回っている数は少ないですし、探し回っているコレクターも多いので需要もあり、個人同士の取引ならグンと買取相場が上がったりもします。

プレミアの千円札を見極めるにはある程度の知識がないといけません。

独断で価値がないと判断し、そのまま使ってしまったり捨ててしまわないようにしましょう。

先ほども紹介しましたが、プレミアの千円札の中には100.000万円以上の買取額がつくものもありますので。

プレミアの千円札を賢く買い取ってもらう方法

プレミアの千円札をより適切な査定額で賢く買い取ってもらいたいなら、リサイクルショップのような総合的な買い取り店舗ではなく、古銭を専門とした買取サービスを利用するのがオススメ。

最近ではネットの古銭買取サービスも実績を積んでおり、出張買取という便利なサービスを行っているところもあります。

財布に入っている千円札、タンスから見つかった見慣れない千円札、処分しようと思っていた昔の千円札・・・もしかしたらそれはプレミアがついた千円札かもしれません。

ぜひ一度査定に出してみてくださいね。

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

選べる3つの買取方法

バイセルではお客様のご都合に合わせられる出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法をご用意しております。

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。

 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ