MENU

【島村楽器】買取の口コミ評判は?買取相場やサービスの特徴を徹底調査

【島村楽器】買取の口コミ評判は?買取相場やサービスの特徴を徹底調査

楽器買取業界では知らない人のいない大手『島村楽器』。島村楽器では不要な中古楽器の買取り査定も対応してもらうことができます。

今回は、楽器の売却を考えている方々へ、島村楽器の買取サービスを深堀りして解説していきます。

サービスの特徴や評判、買取相場について詳しく解説します。島村楽器での売却を検討している方には必見の情報ですので、ぜひ査定前に参考にしてくださいね。

目次

島村楽器とは?楽器の買取に対応してもらえる?

島村楽器とは?楽器の買取に対応してもらえる?

島村楽器はどのような企業で、どのような買取サービスを提供しているのか?詳細を以下にまとめました。

運営会社情報

社名島村楽器株式会社
代表者代表取締役社長 廣瀬利明
創業昭和37年1月
会社設立昭和44年3月
本社所在地〒132-0035東京都江戸川区平井6-37-3
電話番号0570-035-005
本社東京
支社北海道、宮城、秋田、山形、福島、東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、石川、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、岡山、広島、香川、愛媛、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄店舗・音楽教室 39都道府県 計177ヶ所(2023年2月)

島村楽器のサービスの歴史

島村楽器のサービスの歴史について説明します。まず、同社の理念は以下の通りです。

  • 音楽の楽しさを提供し、音楽を楽しむ人を1人でも多く創る
  • 企業として進化し、永続するために必要な利益を上げ、社会に必要な仕事を創造し続ける
  • 仕事を通じて従業員一人ひとりが人間として成長し、楽しく自己実現を図り、公私共に豊かな人生にする。

1962年に創業した島村楽器は、音楽教室を開設し、その後、軽音楽楽器専門店を開業。1991年からは店舗の全国展開を開始し、大型ショッピングモールへの出店が主力となりました。現在では、オンライン購買傾向の高まりに対応した新たな戦略も実施中です。

島村楽器の特徴

ここでは、島村楽器の特徴を幾つか紹介します

  1. ネットとリアルの融合

ネットもリアルというテーマで、今までのリアルで築き上げてきた信頼があるからこそ、インターネットを活用し、更にお客様の立場に合わせた楽器買取サービスを展開しようとしていることが伺えます。

  1. 楽器の種類を幅広く取り扱っている

金管楽器や木管楽器、DJ機器、音楽制作・配信機器など、多様な楽器・音楽機器の買取を行っています。

  1. 無料査定にLINEを導入

WEBのみならず、LINEでの査定を取り入れており、写真を撮って送信することでおおまかな査定が無料でできます。5つのステップで完結するので、初めての利用者もスムーズに利用することができます。

  1. 充実した買取方法

店舗や出張、宅配買取もあるが、委託販売を取り入れています。詳細は次項で紹介しますが、利用者にとって選びやすい選択肢となっています。

買取対応について

島村楽器の買取対応について紹介していきます。

島村楽器では4つの種類で買取が可能です。

  1. 店舗買取
  2. 出張買取
  3. 宅配買取
  4. 委託販売

基本的にどの買取方法も、手数料や配送にかかる送料は無料です。宅配買取に関しては、梱包の段ボールをお店側で準備してくれます。

珍しいのが最後の委託販売です。こちらでは楽器を店舗に持ち込んで預けます。その後、店頭とECサイトにて展示・販売されます。販売後に販売手数料を差し引いた金額が支払われます。自分で販売価格が決められるので、買い手が付けば希望額で売却できる可能性もあります。

島村楽器の口コミ評判を調査

買取店の良し悪しを判断する上で、利用者の口コミ評判は判断材料として有効です。下記に各種SNSやGoogleマップに投稿された島村楽器の買取りサービスに関する口コミを紹介します。

買取ではオススメしません。

事前に買取センターとメールでやり取りしてから行きましたが、買取価格が決まるまで結局90分待たされました。初めに30〜60分と言われたので他店で30分潰してましたがいつ結果が分かるかはっきりしないので店外で待ち、60分経ったので聞きに行ったらまだと言われ、更に30分待たされました。
買取価格はまあまあ妥当でしたが口頭説明だけで明細は貰えませんでした。

引用元:Googlemap

島村楽器のサービスの特徴は?他社とどこが違う?

島村楽器のサービスの特徴は?他社とどこが違う?

島村楽器のサービスの特徴は何か、そして他社とどう違うのかについて説明します。

ショッピングモールを中心とした全国展開

島村楽器の実店舗は、イオンモールやららぽーとなど全国の39都道府県、さらに多県に展開しています。店舗の規模は場所により異なりますが、「楽器店がすぐ近くにある」という印象を感じます。

さらに、島村楽器はショッピングモールの通路沿いに設けられた開放的な入口で、「気軽に立ち寄れる」雰囲気を作り出しています。

店頭での買取では、買取金額が5%増し

店頭での買取を利用すると、持ち込んだ楽器の買取価格がさらに5%アップする特典があります。(2023年7月時点)

お近くに店舗がある方は、店頭査定の利用も検討してみるのがおすすめです。

島村楽器の特徴:委託販売

島村楽器の特色としては、自分の楽器を委託販売することも可能という点が挙げられます。

店員と一緒に楽器の状態を確認し、価格を設定してECサイト等で販売する手段です。手数料は発生しますが、自身で設定した額で売却できる可能性もあります。良好な状態の楽器がある場合、これは非常に有益な方法といえます。

島村楽器のメリット・デメリット

島村楽器のメリット・デメリット

さまざまな視点から島村楽器を紹介してきましたが、具体的には島村楽器を利用する際の利点と欠点は何でしょうか。

以下では、島村楽器を使用する際のプラス面とマイナス面を紹介します。

島村楽器のメリット

4つの買取方法から選べる

島村楽器では、宅配買取・出張買取・店頭買取・委託販売の4つの買取方法から選ぶことができます。委託販売を選択すると、楽器の状態に基づいて自己判断で買取価格を設定できるという利点があります。

全国展開する楽器販売店ならではの安心感

島村楽器は全国展開しているため、どの県にも必ずといっていいほど店舗が存在します。そのため、無名の楽器店よりも知名度があり、安心して査定を依頼できます。

WEB査定だけでなく、LINE査定も可能

島村楽器では査定も多岐にわたっており、メーカーや品番、写真を用いてLINEを通じて査定を行うサービスも提供しています。

島村楽器のデメリット

即時の下取り・買取に対応できない店舗がある

島村楽器には、大都市の大型店舗から地方のショッピングモール内の店舗までさまざまな形態があります。その中でも中小規模の店舗では、即

日の下取りや買取に対応できないケースがあるかもしれません。このような場合は、事前に電話やインターネットで確認することがおすすめです。

買取価格が店舗により変動する

島村楽器は全国に店舗を持つため、その地域の需要や供給により楽器の買取価格が異なる可能性があります。したがって、買取価格を最大限に引き上げるためには、店舗の選択も重要となります。

手数料が発生する場合がある

特に委託販売の場合、売れた際に一定の手数料が発生します。また、出張買取の際も一部の地域では手数料が発生する可能性があります。これらのサービスを利用する際は、事前に確認しておくことが重要です。

これらの利点と欠点を踏まえて、自分の状況に最適な買取方法を選択することが求められます。楽器の買取や売却を考えている方は、ぜひ島村楽器のサービスを検討してみてください。

島村楽器のよくある質問

島村楽器のよくある質問

ここから島村楽器で売却する際のよくある質問を紹介します。

楽器の下取りや買取りしてもらえる?

まずは簡単無料事前査定で買取上限金額を確かめましょう。その後、直接近く店舗に持ち込むか、宅配買取・出張買取を利用しましょう。

WEB査定とはなんですか?

メールフォームより事前に買取を希望する商品の情報(状態や商品名、メーカーなど)と商品の写真を添付することで事前に査定するサービスです。

音が出ない楽器や修理が必要な楽器、古くて修理ができない楽器は買取してもらえる?

買取可能な場合もあるので、店舗に確認しましょう。

買取・下取りに必要なものは?

楽器の下取りには、運転免許証、住民基本台帳カード、パスポート、マイナンバーカードのいずれか1点が必要となります。

また未成年者の方は、保護者同伴で店舗へ行き、手続きが必要です。その際の身分証明書と買取申込は保護者となります。

楽器を購入した際の付属品がなくても大丈夫?

付属品なしでも楽器を買い取ってくれます。しかし、付属品が付いている場合と、ない場合では査定額が異なります。

まとめ

島村楽器の買取について深掘りしましたが、いかがだったでしょうか?島村楽器で楽器の売却を考えている方にとって有用な情報であったことを願っています。

島村楽器のスタッフは、プロの視点から親切丁寧にアドバイスをくれます。楽器や音楽が好きな皆さん、もし楽器の売却を考えているなら、ぜひ島村楽器のサービスを利用してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次