うるとくコラム
うるとく うるとく
 

ルイヴィトンのパピヨンの現在の買取状況はどうなってるのか?

ルイヴィトンのパピヨンの現在の買取状況はどうなってるのか?

ドラム型バッグと言えばルイヴィトンのパピヨンが人気の火付け役とも言われています。

一時期は一世を風靡したルイヴィトンのパピヨン。

そんなパピヨンの特徴やルイヴィトンの類似のバッグ、現在の買取状況についてご紹介いたします。

ルイヴィトン・パピヨンとは

ルイヴィトンのパピヨンは、筒型、ドラム型のハンドバッグです。

1966年に4代目のアンリ・ルイ・ヴィトンが発案したもので、2本のハンドルが蝶のように開くことから蝶の意味を持つパピヨンと命名されました。

モデルとして今でも絶大な人気を誇るツィギーも愛用したバッグで、日本国内でも爆発的な人気となりました。

その後も何度もモデルチェンジされ、新しいラインなども登場し、現代に渡るまで愛され続けています。

2002年にはハンドル部分の素材が変わり、モノグラムだけでなくダミエのパピヨンも登場しました。

ショルダーバッグとしても利用できるようになり、より現代のニーズに合わせたデザインとなっています。

ルイヴィトン・パピヨンのサイズ展開

ルイヴィトンのパピヨンには、現在5種類のサイズがあります。

一般的なパピヨンは31全長31センチ。

小さく感じるかもしれませんが、ドラム型でたっぷりものを収納することができます。

ちょっとしたお出かけ程度に利用したいのなら、少し大きいと感じるかもしれません。

パピヨンGMは全長が30センチ。

直径はパピヨンと変わらないので、そこまで持ったときの変化を感じることはありません。

価格が少し安くなるので、少しでもお得に購入したいという方はこちらでも十分かもしれません。

全長28センチ程度のものがパピヨンPMです。

一回り小さく、コンパクトに荷物を収納したいという方におすすめ。

それでも必要なアイテムは一通り収納することができます。

ネオパピヨンは全長が27センチ。

直径が少しだけ楕円系になっており、より荷物を出し入れしやすくなっています。

ルイヴィトン・パピヨンと類似のシリーズ

ルイヴィトンからは、パピヨンに続くドラム型のバッグが2つ登場しています。

一見パピヨンと間違えてしまいそうになりますが、それぞれに特徴があるので簡単にご紹介いたします。

ベッドフォード

ベッドフォードはニューヨークの街の名前です。

活気あふれるベッドフォードをイメージして作られました。

バッグの形はパピヨンとそっくりそのままですが、素材が違います。

ルイヴィトンの中でも近年登場し人気になったヴェルニを採用しており、ツヤのある質感、カラーバリエーションがより女性らしい印象を与えてくれます。

持ち手部分はヌメ革素材になっており、異素材のミックスを楽しむことも可能。

側面にはポケットがついており、従来のパピヨンよりも使いやすくなりました。

スフロ

スフロはより使いやすさを追求したデザイン。

パピヨンは上部にしかファスナーがありませんでしたが、スフロは両端までしっかり開閉することができます。

また、エピの素材を採用しており、モダンでシックな印象となっています。

カラーバリエーションも豊富で、現代の個性的な女性にぴったりのアイテムが揃っています。

ルイヴィトン・パピヨンの買取

ルイヴィトンのパピヨンは、一時期は一世を風靡しました。

そのため、人によっては「時代遅れ」「古臭い」というイメージを持つ方もいるようです。

しかしパピヨンはその可愛らしいフォルム、使いやすさ、そしてルイヴィトンならではの品格は色褪せることはありません。

近年はレトロな雰囲気のバッグも人気となっているため、若い世代からもパピヨンのバッグは人気があります。

そのため、きちんと査定をして相場を理解してくれる買取業者に査定を依頼すれば、高く買い取ってもらうことができるでしょう。

定番の柄は高価買取

ルイヴィトンのパピヨンはモノグラム、ダミエのものがあります。

このモノグラム、ダミエはルイヴィトンを代表する柄でもあります。

ひと目でルイヴィトンと分かり、それでいてシックな印象を与えるこれらの柄は世界中で年代を問わず多くの女性に人気です。

そんなモノグラム、ダミエを取り入れたパピヨンなら、高価格で買取してもらうことができるでしょう。

状態のいいものは高価買取

パピヨンは少し前に流行ったものなので、場合によってはかなり使い込んでいるということもあるでしょう。

しかし、やはり状態のいいものは買取価格も高く、状態の悪いものは低くなってしまいます。

少しでも買取価格をあげるために、汚れを拭き取る、付属品を揃えるといった最低限のメンテナンスをしてから査定を申し込むようにしましょう。

ルイヴィトンのパピヨンを買い取ってもらおう

ルイヴィトンのドラム型バッグ、パピヨンについてご紹介いたしました。

現在でも女性に愛され続けているパピヨン。

ベッドフォード、スフロといった類似のラインも登場しており、いずれも人気です。

これらのバッグがもう不要になった、趣味と合わなくなってしまったという方は、ぜひ状態が悪くなってしまう前に買取査定に申し込んでみてくださいね。

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

選べる3つの買取方法

バイセルではお客様のご都合に合わせられる出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法をご用意しております。

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。

 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ