切手買取エリア|うるとく

うるとく うるとく

切手にまつわるこんなお悩みありませんか?

  • 今はやっていない収集切手
  • 今使用できない銭切手はどうしたらいいですか
  • 切手アルバムを譲りうけました
  • 遺品整理でアルバムが出てきました
  • 旅先で集めた中国切手は売れますか?
  • 使わないシートがあります
  • バラや使いかけは買い取れますか?

ご不要になった切手や印紙を売る時はうるとくがご紹介する買取業者へ!

切手買取画像

昔趣味で集めた切手、持て余した収入印紙ございませんか?

「もう切手の収集はやめた。」
「譲ってもらったけれどどうすればいいかわからない。」
「遺品整理で出てきました。」

そんなご経験ありませんか?
「うるとく」では、そんなお客様の大切な切手の買取業者をご紹介しています。
どうせ売るなら賢く売りたい!切手買取業者を見つけるなら「うるとく」にご相談ください。


 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

買取品目バイセルでは下記の品物を買取しています。

  • 古い切手
  • 普通切手
  • 記念切手
  • ふるさと切手
  • お年玉切手シート
  • プレミア切手
  • 外国切手(中国切手)
  • はがき・年賀状

買取実績バイセルの買取実績のご紹介です。

  • 遺品整理で出てきた切手

  • 切手を売るなら!数量不問です

  • 引越の整理で出てきた切手多数

  • かさばる切手の処分はバイセル

  • 各種シリーズ切手4冊

  • 様々な額面のバラ切手複数

  • 処分予定の切手ブックやシート

  • バラ多数の記念切手


切手を売る理由

切手を売る理由

切手を売るお客さまの多くが、切手ブームを経験した団塊の層、現在60歳〜70歳のお客様が多いものです。
切手ブームは1950年代〜1960年代に起こっており、その時代に出回った切手は市場に多く出回っております。まさしく、東京オリンピックなどの当時人気を博した記念切手は現在のオークションでも相場は額面の50〜60%が一般的で、その価値は切手蒐集家の減少により徐々に下がりつつあります。
さらに個人間の取引では、切手の状態や保存にまつわるトラブルが相次いでいます。
オークションの登録や連絡のやり取り、梱包となると、その間にかかる時間や包装代金を鑑みるとあまりお得感は得られないでしょう。面倒なやりとりはやはり敬遠したいものです。
もしお手元に持て余している切手があれば、個人間のやりとりより業者への一括査定を依頼するのがおすすめです。


24時間WEBでお申込みできます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
うるとく一押しの買取業者、「バイセル」に今すぐお問い合わせください。

 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

買取エリア

  • 出張訪問
  • 郵送宅配
  • お持込み
バイセルでは3つの方法
日本全国いつでもどこでも買取りお申込みが可能です。
バイセルの出張訪問の場合、
お申込みから最短で無料出張査定に来てくれます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

※季節事情または地域により出張査定や即日対応が難しい場合もございます。

※ご不明な点はバイセルのコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。