うるとくコラム
うるとく うるとく
 

金貨の買取価格と相場について徹底調査!金貨を高く売るためには?

金貨の買取価格と相場について徹底調査!金貨を高く売るためには?

自宅に金貨があり、使い道に困っているという方はぜひ買取業者に査定を依頼してみましょう。

金貨はそのままでは利用することができませんが、買い取ってもらうことで現金として利用することができます。

しかしその買取価格は業者や金貨の種類、状態によっても大きく変動するので、相場をきちんと理解しておくことが大切。

今回は金貨の買取や、人気の金貨の買取価格についてご紹介いたします。

金貨の買取価格はどうやって決まる?

金貨の買取価格は、その金貨の種類「にもよるものの多くは金の取引相場をもとにして算出されます。

そのため、お手元にある金貨の金品位、さらに重量がわかればおおよその買取金額を知ることができるのです。

金の価値は日々変動しているので、金の価値が上がるタイミングで買取を依頼することが大切です。

しかし金貨は金としての価値だけではなく、そのコレクションとしての価値も付加されます。

今では手に入らないデザインの金貨や生産数が少ない金貨はさらに価値があがりますし、同じ金貨でもコレクションするのには状態が悪すぎるようなものであれば買取価格が下がってしまうことも。

また、金の買取を行う業者に依頼するのか、金貨などコインを買い取る業者に依頼するのかによっても買取価格は変わります。

価値のある金貨を売りたい場合は、コインの買取をメインに行っている業者を利用することでより満足できる取引をすることができるでしょう。

不安な場合は買取業者に問合わせてみよう

金貨の買取価格はネットでも気軽に調べることができます。

また、買取業者の中には過去の買取価格を掲載しているものもあるでしょう。

しかしこれらの価格はあくまで目安となり、必ずしもその価格を保証してくれるというわけではありません。

本当に高く買い取ってもらえるか不安という方は、一度業者に確認する必要があります。

電話やメールで事前に金貨の状態や種類を伝えることである程度の査定を行ってくれる可能性もありますし、宅配買取で査定を行ってくれることも。

宅配買取の場合は買取金額に納得ができなければそのまま返却してもらうことも可能です。

しかし返送料がかかる可能性が高いので、やはり事前の問い合わせは大切です。

金貨の買取価格が高い業者は?

金貨を高く買い取ってもらいたいのなら業者選びは何よりも大切です。

金貨を高く買い取ってくれるのは、やはり金貨の買取に特化した業者。

ブランド品などをなんでも買い取ってくれるような業者は確かに便利ですが、その分ひとつひとつのジャンルに対する専門的な知識が少なく、本当に価値のある金貨を見落としてしまう可能性があります。

金貨は比較的にどの業者に売っても高く買い取ってもらうことができるアイテムですが、1円でもお得な取引をしたいのなら金貨の買取実績が豊富にある業者を選ぶようにしましょう。

さらに、金貨を金貨として買い取ってくれる業者もおすすめです。

金貨を金として買い取る業者は、金貨としての価値は見てくれません。

金としての純粋な価値のみを査定することになるので、生産数が少ない金貨やコレクターから人気のある金貨を売ってしまうと損をする可能性も。

価値のある金貨は金貨の買取に特化した業者へ、そうでない金貨は金の買取に特化した業者へ、と使い分けることもおすすめです。

高価買取価格がつく金貨の一例

では、実際に高価買取価格がつく可能性のある金貨の一例をご紹介いたします。

金貨の中には、金としての価値があるものだけでなく、国内の行事などを記念して作られた希少性の高いものも多いです。

このような金貨が自宅に眠っているという方は、ぜひ一度買取査定を申し込んでみましょう。

天皇陛下御即位記念

天皇陛下御即位記念は、平成2年に今上天皇の御即位を記念して発行された金貨です。

10万円のプルーフセット、金貨、白銅貨の2点セットが造幣局から販売され、113.300円と106.090円で購入することができました。

現在では購入することができず、コレクターは中古品を購入するしかありません。

そのため中古市場では非常に価値が高く、比較的新しい金貨であるものの高価買取が可能になります。

買取相場は120.000円程度。

その日の金の相場などによっても変動するが、その価値から元値を切るようなことは少ないようです。

皇太子殿下御成婚記念

皇太子殿下御成婚記念は平成5年に徳仁親王と外交官であって小和田雅子様の御成婚が内定し、同じ年の6月5日に結婚の儀が執り行われたことを記念して9月9日に発行された金貨です。

発行枚数は200万枚。

5千円の銀貨と500円の白銅貨とセットで、70.000円で販売されました。

瑞鳥の鶴2羽と波の模様が描かれた黒メインのデザインが美しく、金貨コレクターの中でも人気のあるアイテムです。

しかし発行枚数が多いことや金の量が少ないことなども相まって、御即位記念の金貨よりも買取金額は低め。

相場は65.000円程度でした。

元値を超えるケースはまれですが、中には高く買い取ってくれる業者もあるかもしれません。

もちろん状態がよければ買取金額もアップしますので、査定に出す前には磨いておくなどのメンテナンスも忘れないようにしましょう。

東日本大震災復興事業 記念貨幣

東日本大震災の復興を願って発行された東日本大震災復興事業 記念貨幣。

個人向け復興応援国際を一定額以上保有している方に贈呈される他、現在では一部は購入が可能です。

入手するルートが限られており、金貨コレクターの中でも注目されている金貨の一種と言えるでしょう。

東日本大震災復興事業 記念貨幣は現在までに4回発行されています。

4回ともすべて10.000円に相当する金貨と、1.000円に相当する銀貨の発行が行われています。

それぞれに絵柄が違い、この絵柄によっても買取金額が変わってきます。

いずれの金貨にしても買取価格は5万円から15万円と非常に高額。

第二次発行の10.000円金貨は最大で30万円もの査定額がつくこともあるようです。

銀貨においても10倍以上の10.000円程度が相場になっていますので、お手元にあるという方はぜひ買取に出してみましょう。

メイプルリーフ金貨

海外の金貨も高い買取価格がつきやすくなっています。

日本国内ではなかなか入手することができない分、買取価格も高くなるようですね。

中でも高価買取価格がつきやすいのがカナダのメイプルリーフ金貨です。

カナダ中央政府直管であり国際的に評価の高いかなら王室造幣局から発行された法定貨幣であるメープルリーフ金貨。

金の純度は99.99%以上と金貨の中でも純度が高く、カナダ政府がその品質を保証しているということもあって世界的に信頼性が高いものとなっています。

つまり、偽物である可能性が少なく、買取査定もスムーズに行うことができるのです。

気品のあるデザインは金貨としての価値も高く、多数発行されているもののすべて人気があります。

中でも人気なのが1オンス金貨。

その買取価格は130.000円以上になることも。

他にも1/2オンス、1/4オンス、1/10オンスなどがあり、いずれも高い買取価格となっています。

その他海外の金貨も高価買取となるものがあるので買取相場をチェックしてみましょう!

金貨の買取価格を調べよう

金貨の買取価格についてご紹介いたしました。

金貨は買取価格が大幅に変わるということは少ないものの、業者をきちんと選ぶことでよりいい取引を行うことができます。

国内の金貨だけでなく海外の金貨にも買取価格が高くなるものがたくさんありますので、自宅に金貨が眠っているという方はこの機会にぜひ一度査定を申し込んでみてくださいね。

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

選べる3つの買取方法

バイセルではお客様のご都合に合わせられる出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法をご用意しております。

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。

 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ