うるとくコラム
うるとく うるとく
 

古切手は買取ってもらえる?高い買取金額がつく古切手とは

古切手は買取ってもらえる?高い買取金額がつく古切手とは

自宅に大量にある古切手の処分にお困りではありませんか?古切手は現在では使えないものもありますし、なんだか古切手には価値がありそうでそのまま手紙などに使うのは忍びない…と思ってしまいますよね。

そんなときは古切手を買取に出してみましょう。

あなたの古切手が思わぬ価格になるかもしれません。

古切手が買取可能か、また高い買取価格になる古切手とはどんなものなのかをご紹介していきます。

古切手とは?

古切手とは、現在では販売されていない切手全般のことを指します。

現在でも使える価格でももう発行されていないデザインであればすべて古切手というわけです。

ですが中でも昭和時代やそれ以前に販売されていた歴史の長い切手のことを古切手と呼ぶことが多いようですね。

古切手の中には新品のシートのままのもの、バラのもの、実際に手紙に使われた消印つきのものなどがあります。

昭和時代には切手集めが多くの人の間でブームとなりました。

そのため、本当に価値のある古切手はコレクターのもとに集まってしまい、なかなか一般人の自宅から見つかるというケースは少なくなっています。

しかし遺品整理や引越し作業などひょんなことから高価買取に繋がる古切手が見つかることも。

自宅にある古切手が価値のあるものかどうか見極めていきましょう。

古切手の買取は可能?

古切手は、現在使えないような価格のものでも買取が可能です。

いまだに切手集めを趣味にしている方も多く、本当に価値のある古切手であれば額面以上の価格での取引が可能になります。

もう使えそうにないからと処分してしまったり、使える価格のものに郵便局で交換してもらうというのは非常にもったいないことかもしれません。

このページでも価値のある古切手の一例をご紹介いたしますが、他にも高価買取になる古切手はたくさんありますので、古切手の買取価格一覧表などをチェックして価値のある古切手が紛れ込んでいないか確認してみましょう。

消印のついた古切手は買取可能?

古切手の中でも、消印がついてしまった使用済みの古切手は買取ってもらうことができるのでしょうか。

結論から言えば買取は可能です。

古切手の種類によって、たくさん流通しているようなものなら消印があることで買取不可ともなってしまいますが、もともと高い金額で取引されているような古切手なら価格もあまり落ちずに買取してもらうことが可能になります。

また、中には消印自体に価値があり、その消印によって買取価格が上昇するという可能性もあります。

「特印」と呼ばれる大型の記念印が押されているもの、「満月印」という消印が切手の中央にキレイに収まっているものなどは珍しく、普通の切手でもそれだけで高く買い取られることもあります。

また、多くの人がコレクション目的で購入したような切手はシートのまま残っているものは多数あっても、実際に使用されたものは少ないです。

そのため、価値のある古切手なら消印がある方が高価買取となる可能性もあります!

古切手の買取は切手買取業者に!

切手の買取方法は主に金券ショップに持ち込む方法と、買取業者に依頼する方法があります。

中でも古切手は切手買取業者に買取を依頼するのがおすすめ。

切手買取業者は切手についての知識が豊富で、査定に出された切手にどのような価値があるのか、どの時代に作られたものなのか、またどのような層に人気があるのか、切手の状態などを総合的に判断して適正な買取価格を決めてくれます。

一方で金券ショップは、価値のある古切手を売るのには適していません。

金券ショップではすぐに使えるような切手の買取、販売をしており、額面以下の価格で買い取るケースがほとんどです。

また、使用済みの古切手や使いにくい古切手は買取不可となることが多いようです。

他に古切手を売る方法としてはオークションやフリマアプリを利用して個人で出品するという方法もあります。

この場合は自分で自由に価格を決定できるというメリットがありますが、素人が価値のある切手かどうかを見極めるのは至難の業。

代表的な高価買取の切手でもない限り、価格設定を失敗して損をしたり、高すぎて買い手がつかないという可能性もあるでしょう。

やはり、買取業者を利用して専門のスタッフにきちんと査定してもらうことが一番です。

買取られなかった古切手はどうする?

切手買取業者にも買取を断られてしまった古切手はどうすればいいのでしょうか。

一つはその古切手を回収に出すという方法。

郵便局やスーパーには使用済み切手回収ボックスが設けられているところがあります。

この回収された古切手はボランティア活動などに使用されます。

トイレットペーパー、車椅子など、社会の役に立つものにリサイクルされるということも。

ただゴミ箱に突っ込んですててしまうよりは、よっぽど価値のある利用方法と言えるでしょう。

また、寄付するという方法もあります。

切手の寄付を受け付けている団体に送ることで、その団体が箱詰めで切手を切手収集家に格安で販売します。

これは「キロボックス」と呼ばれ、切手収集家はそのキロボックスの中から価値のある切手を探します。

宝探しのような感覚で価値のある切手を見つけることができるため、切手収集家の密かな楽しみの一つになっているそうですよ。

古切手を買取に出す前に確認したいこと

古切手にはそのデザインだけで価値が決定するものではありません。

その古切手の状態も買取価格には大きく影響します。

例えば、破れ、汚れ。

価値のある古切手でも、損傷がひどい場合は買取価格が大幅に下がったり、買取ってもらえない可能性があります。

また、シートのまま残っているか、バラの状態であるかどうかも非常に重要なポイントです。

多くの切手愛好家はシートのままのキレイな状態を好みますので、当然シートのものは買取価格が高くなります。

本当に価値のある切手ならばバラでも十分高価買取となりますので、諦めずに買取査定を依頼してみるといいでしょう。

切手収集家は切手を専用のアルバムなどに保管していることが多いため、状態がいいものが多いです。

しかし実際に使用する目的で購入された切手などは雑に保管されていることも多く、日焼け、黄ばみ、破れ、折れ、虫食いなどの損傷がひどい場合も…。

使用済み切手を買取に出す際も、正しい切手のはがし方を知らずに無理やりはがしてしまうと買取価格が下がってしまいます。

古切手を買取に出す前に、その古切手の状態をきちんと確認してから査定を申し込むようにしてくださいね。

高価買取の古切手

記念切手

ここからは高価買取となりやすい古切手の種類についてご紹介していきます。

高価買取となる古切手の代表としては記念切手があります。

記念切手とは、国家的行事を記念して発行されるデザインの切手のこと。

発行枚数や発行場所が限定されており、そのときしか購入できないことから高価買取となりやすくなります。

オリンピック、天皇陛下にまつわる行事、万博開催などなど、記念切手には様々な種類があります。

もともと収集目的、転売目的で購入されることが多い切手でもあるため、実際に使われることが少ないというのも記念切手の特徴。

そのため、消印のあるものの方が高く売れるという可能性もありますよ。

昭和30年以前の切手

昭和30年以前に発行された切手は基本的にすべて「プレミアム切手」と呼ばれ、普通切手、記念切手、軍事切手などを問わず高価買取されるケースが多いです。

昭和30年後から切手収集が一般人の間でブームとなったため、これ以降は何かと様々な種類の切手が発行されています。

しかしそれ以前のものを新品のまま持っているという人は少なく、また度重なる震災や火災などでほとんどが消失してしまったと言われています。

昭和30年以前の切手は、使用済みのものでも高い金額での買取が可能。

中には1枚で数十万円の価値がつけられたというケースもあり、切手を買取に出す前に絶対に見落としたくないポイントとなっています!

エラー切手

エラー切手とは、印刷のミスや切り取り線のミスがある、基本的に一般には出回らないような切手のことです。

多くは郵便局や発行される時点で回収されてしまうため、その厳しい検査をかいくぐった切手としてマニアには非常に喜ばれます。

エラー切手の中でも、印刷がズレで切り取り線と切手の絵柄がかぶってしまっているというようなものはよくあるようです。

しかし古切手でなくてもこのような切手は額面以上の買取金額となることが多いですよ。

エラー切手の中でも高価買取となるのが、絵柄の一部が印刷されていないようなものです。

中央の鹿の部分だけ真っ白になっているという古切手には数十万円の価値がつきました。

エラー切手はネットにもたくさん写真が掲載されていますので、自分の持っている切手がエラーかどうかを一度よく確認してみましょう。

特殊切手

特殊切手とは、国家的宣伝やキャンペーン、文化財の紹介などを目的に発行される切手のことです。

中には人気のキャラクターが印刷されたもの、展示会の紹介、絵画の紹介などを目的としたものもあり、見ているだけでも楽しめるものがたくさんあります。

これらの切手も期間限定での販売となるため、古切手だけでなく近年の古切手でも高い買取価格がつく可能性もあります。

シートにも絵柄が印刷されているものが多いので、シートから切り取らずそのまま買取に出すようにしましょう。

古切手を買取ってもらおう!

古切手の買取についてご紹介いたしました。

切手収集家にとって古切手は非常に価値があるものが多く、以外な切手が思わぬ買取価格になることはよくあります。

切手の買取専門業者を上手に利用して、お手元の切手をお金に換えてみましょう!

近くに切手の買取店がないという方でも、ネットで切手買取を受け付けている業者を選ぶことで自宅にいながら簡単に切手買取を利用することができますよ。

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

選べる3つの買取方法

バイセルではお客様のご都合に合わせられる出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法をご用意しております。

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。

 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ