うるとくコラム
うるとく うるとく
 

切手の買取相場はどれくらい?買取価格の高い切手とは

切手の買取相場はどれくらい?買取価格の高い切手とは

切手を買取ってもらいたい!

と思うと、自分が持っている切手はどれくらいの価格になるのかが気になりますよね。

切手買取業者に買取をお願いする前に、切手の買取相場について理解していきましょう。

切手はどこで買取ってもらえる?

切手の買取を行っている業者は少ないものの、ネットを探せば全国各地から見つけることが可能です。

様々な方法で買取ってもらうことができますが、どこに買取をお願いするのがいいでしょうか。

切手買取には主に三つの方法があります。

一つは切手買取専門店にお願いする方法。

切手の価値を熟知したスタッフが、切手のプレミア度や状態からその切手の適正な価格を査定してくれるので安心です。

宅配買取などで自宅にいながら手軽に買取ってもらえるというのも嬉しいポイントですね。

一つは金券ショップに持ち込むという方法。

金券ショップではすぐにそのまま使えるような切手が喜ばれます。

そのため、価値はあっても消印のついているものや、ビジネス向きでない派手な切手などは買取ってもらえなかったり、買取価格が下がる可能性も。

さらにもう一つはオークションに出品するという方法。

切手マニアがあなたの出品に目をつけることで取引が始まります。

しかしこの方法は売れるまでに時間がかかるだけでなく、個人同士の取引になるのでトラブルも起こりやすいというデメリットがあります。

あなたが価値のある切手を売りたいとお考えなら、やはり買取専門店にお願いするのがスムーズでしょう。

買取られたあとの切手は?

切手買取専門店に買取られた切手は、その後業者がオークションなどに出品して切手マニアが購入します。

切手集めが流行となった時代もありましたが、最近ではかなり少数派となってしまいました。

ですがいまだに切手集めを趣味にしている方やコレクターはたくさんいます。

さらにもう一つの行方としては切手として本来の使用目的通りに使われるというもの。

切手は1枚1枚の価格は額面通りになりますが、金券ショップなどでまとめて購入するといくらか安く買えるという場合が多いです。

そのため、切手が大量に必要な会社などから重宝されます。

しかしこのときに購入されるのは現在でも発行されているような通常の切手のみ。

派手な切手、レアな切手などを使うのはビジネスマナーに反するため、価値のある切手や額面以上の価格がついている切手が購入されることはありません。

通常の切手の買取相場は?

いつでも郵便局やコンビニで購入できる普通切手。

このような普通切手は切手買取専門店ではなく金券ショップに買取ってもらうのがおすすめです。

しかし金券ショップでも額面以下の価格で販売されているため、額面以下の価格で買い取られることは間違いありません。

その割合に関しては金券ショップの買取基準やその切手の状態にもよりますが、半額から70%くらいの価格で買取ってもらえることが多いようです。

バラの切手よりもシートでそのまま残っている切手の方が金券ショップ側も売り出しやすいため、もう少し買取価格が上がることもあるようです。

しかし普通切手と言っても変更される前の絵柄や発行する機関が変わった場合などは思わぬ買取価格がつく可能性もありますので、手元に残っている場合は大切に保管し、売るべきタイミングを見計らいましょう。

消印のついている切手は買取可能?

価値のありそうな切手を貼った郵便物が送られてきた場合、消印のついてしまった切手は買取ってもらうことができるのでしょうか。

結論から言えば、消印のついている切手でも買取は可能です。

しかし、新しい状態の切手よりかなり買取価格が下がってしまうことは覚悟しておきましょう。

消印がついていても高価買取となるのは、現在数千円から数万円の価格で取引されているようなとても貴重な切手ばかり。

そもそもそのような切手を郵便物に使う人は少なく、滅多に見つけられることはないでしょう。

価値の低い切手に消印がついている場合、買取不可となることもあります「のでご注意ください。

切手の保管方法で買取価格は変わる?

切手は本来長期保存用に作られているものではないため、適当に保管しておくとどんどん状態が悪くなってしまいます。

切手の買取業者はその切手の価値だけでなく状態もよく見て査定しているので、切手を売りたいとお考えなら保管方法についてもきちんと確認しておきましょう。

まずは切手に破れがないか。

切手の一部分が破れていると買取価格が大幅に減額されてしまいます。

消印のついている切手などは、剥がすのではなくその部分を切り取るようにして保管しておくといいでしょう。

次にシートが残っているかどうか。

切手はバラでの買取よりも、シートでの買取の方が高価買取につながります。

使っていない切手は無理にシートからバラさず、そのまま保管しておきましょう。

シートの白紙部分の破れ、折れなどは多めに見てくれる買取業者が多いです。

さらに切手は湿気に弱いので、適当には保管せず密閉できるケースやファイルに入れて保管しておくことをおすすめします。

額面以上の買取価格になる切手

切手には様々な種類があります。

普通切手、記念切手、特殊切手、お年玉切手、プレミアム切手などなど…。

お年玉切手や記念切手などは作られる数も少なく価値が高くなりそうな感じがしますが、基本的にはプレミアム切手以外は額面以下の買取金額となることが多いようです。

記念切手などはすでに切手マニアの中では出回っている可能性が高く、高価格で販売しても売れることがないのです。

お年玉切手もよっぽどのデザインではない限り高く売れることはありません。

それどころか使いにくさから買取価格が大幅に下回る可能性もありますので注意しましょう。

ここからは額面以上の買取価格がつく可能性のある切手をご紹介いたします。

過去に高価買取されていた切手

現在は下火になっているものの、昭和時代には切手集めを趣味にしている方はたくさんいました。

そんな当時に高価買取されていた切手が手元にあるという方はチャンス!

高価買取に繋がるかもしれません。

過去に高価値取引されていた切手でも、現在の価格はかなり安くなっています。

当時高すぎて購入することができなかったという切手マニアが、今この価格なら購入できるかも…と考えているため、まだまだ需要はあります。

そのため驚くような価格で買取!

というわけにはいきませんが、それなりに額面以上の金額で買取ってもらうことは可能です。

こちらもシートでそのまま残っているような切手の方がマニアには喜ばれますので、できるだけキレイな状態で保管し、買取業者に送る際も気をつけて送るようにしましょう。

文化大革命時代の中国切手

中国切手は、中国で発行され中国で使用されている切手です。

もちろん現在でも中国切手はたくさん発行されていますが、非常に価値が高いものとして今でも人気があるのが文化大革命時代に発行された中国切手です。

この切手はもともとの数も非常に少なく、国外に持ち出すことも禁止されていたため日本ではほとんど手に入れることができません。

さらに中国国内でもこの当時の中国切手は人気があり、富裕層が買い占めてしまっているため余計に数が少なく、また転売価格も跳ね上がっているという状態です。

中国切手の中でも有名なのが赤猿。

赤い背景に猿の絵が描かれたものです。

他にも毛沢東が描かれたもの、中国のイラストに台湾の部分だけ白くなっている絵柄のものなどが非常に高価格で買取されます。

沖縄がアメリカに占領されていた時代の琉球切手

戦後、沖縄がアメリカに占領されていた時代に発行された琉球切手というものがあります。

国内での知名度も低く、流通している数も非常に少ないため、よく出回っていた琉球切手でも高い買取価格がつく可能性があります。

しかしやはり人気なのは、琉球切手の中でも非常にレアなもの、出回っている数が少ないもののようですね。

琉球切手の買取価格を掲載している買取サイトもたくさんありますので、ぜひチェックしてみてください。

昭和30年以前の切手

昭和30年以降、枚数限定の切手が頻繁に発行されるようになり、切手集めが一大ブームとなりました。

そのため貴重な切手といっても流通しているものが多く、すでに持っているという方も多くなります。

切手収集家の中でも有名な切手は買取業者に買取を依頼してもそれほど高くなることはありません。

しかし、切手集めがブームとなる前、昭和30年以前の切手は、コレクションしている人も少なく非常に貴重なものとなっています。

そのため現在キレイな状態で残っているものも少なく、本当の切手マニアが目をつければ高価買取に繋がる可能性もあります。

これは買取業者によって基準がマチマチだったりするので、本当に切手に詳しい査定スタッフがいるかどうかとクチコミや事前の問い合わせなどで判断するしかなさそうです。

印刷ミスなどのエラー切手

一部の印刷が抜けている、ゆがんでいる、切り取り線がない、切り取り線がズレているなどの印刷ミスが起きているエラー切手は非常にレア。

通常なら発行する前に処分されてしまいますので、一般人のもとに回ってくる可能性は限りなくゼロに近いと言えます。

そのようなエラー切手は切手マニアからすれば喉から手が出るくらいほしいプレミアアイテム。

買取価格も数千円から数万円に跳ね上がることもあります。

切り取り線のズレはエラー切手の中でもよくある方で、印刷が抜けている、ズレているといったエラーはその中でもより高い買取価格がつけられるようです。

切手の買取相場を知って高価買取を目指そう!

切手の買取相場についてご紹介いたしました。

あなたにとってはなんの価値もない切手でも、切手マニアからすると貴重な一枚かもしれません。

もし自宅に使う予定のない切手がある、遺品整理をしていたら切手が大量に出てきたなどという場合は、ぜひ切手買取業者に買取査定を依頼してみてください。

あなたの切手に思わぬ買取価格がつく可能性がありますよ!

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

選べる3つの買取方法

バイセルではお客様のご都合に合わせられる出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法をご用意しております。

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。

 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ