うるとくコラム
うるとく うるとく
 

琉球郵便切手とは?買取に出したときの価格は?

琉球郵便切手とは?買取に出したときの価格は?

切手には様々な種類がありますが、琉球郵便切手というものがあるのをご存知ですか?この琉球郵便切手は非常に価値があり、切手マニアの中でも高額で取引されています。

切手をコレクションしているという方は、その中に琉球郵便切手がないか確認してみましょう。

実際に琉球郵便切手を買取に出したときにどれくらいの買取価格になるのかもご紹介いたします。

琉球郵便切手とは?

沖縄は戦後1945年から1972年までアメリカ軍に占領されていました。

琉球郵便切手とは、その間から日本本土へ復帰するまでに沖縄で発行されていた切手のことです。

琉球郵便切手は通称沖縄切手とも呼ばれており、切手の中に「琉球郵便」という文字が記されています。

さらに狭い意味では、1945年から1953年の6月までに、アメリカ軍に占領されていた沖縄と奄美群島で発行された切手のことでもあります。

琉球政府の郵便局で発行されたものがこれにあたります。

琉球郵便切手は、当初はB円で記されています。

このB円というのはアメリカに占領されている沖縄、奄美群島で当時流通していた擬似紙幣の単価のことです。

しかし後期に入るとドルやセントで表記されていくようになりました。

沖縄が日本本土に復帰した1972年6月3日に使用が停止され、発行もストップしました。

琉球郵便切手の種類

琉球郵便切手は、発行がストップするまでに259種類が発行されました。

普通切手、記念切手が228種類、空港切手が30種類、速達切手が1種類です。

沖縄西表政府立公園4セント、平良市・下地町合併記念、日米琉同記念植樹祭記念という不発行切手も存在しており、沖縄西表政府立公園4セントのみ現在でも流通していることが確認されています。

沖縄琉球切手は、沖縄が日本本土に復活する直前に「その価値が上がるのではないか」と見越した業者がたくさん買い占めたというエピソードもあります。

そのため、貴重なものではあるもののキレイな状態で残っている切手が多いという特徴もあります。

プレミア価格となる琉球郵便切手

琉球郵便切手はそれだけでも十分に価値のあるものですが、その中でもさらにレアなものにはプレミア価格がつけられます。

その一部をチェックしてみましょう。

1958年以前の切手

1958年以前に発行された琉球郵便切手はいずれも高価買取の対象となります。

沖縄改訂加刷100円、1952年琉球政府樹立といった記念の切手は、バラでも使用済みでも高価格で取引される非常にレアな切手となっています。

不発行切手

不発行切手とは、切手の発行の準備は進められたものの実際に郵便局で販売されることのなかった切手のことを指します。

琉球郵便切手の中にはこの不発行切手は3種類あり、平良市・下地町合併記念、日米琉同記念植樹祭記念、沖縄西表政府立公園4セントがそれにあたります。

この中でも沖縄西表政府立公園4セントは唯一市場に出回っており、非常に高い価格がつけられます。

他の切手も確認されていないだけで、実際に発見された場合は思わぬ価格となることが予想されます。

エラー切手

印刷ミスのある切手は通常のものでも高額で取引されます。

琉球郵便切手は、製造された環境からエラー切手が多いことでも有名です。

印刷がズレている、ゆがんでいるなどの特殊な切手をお持ちの方は、ぜひ買取査定に出してみましょう!

琉球大学開校記念、天女航空加刷といった種類のエラー切手は中でもとくに高額で取引されているようです。

琉球郵便切手の買取価格はどれくらい?

では、実際に琉球郵便切手が手元にあって売りたいという場合、どれくらいの価値になるのでしょうか。

その一部をご紹介しますが、琉球郵便切手は多くのものが数百円以上の価値になることが多いです。

琉球大学開校記念切手

琉球大学が開校されたことを記念して発行された琉球大学開校記念切手の場合、額面での金額は3円ですが、市場に出回ると1000円から1300円くらいで取引されます。

琉球政府創立記念切手

琉球政府が設立したことを記念して発行された琉球政府創立記念切手。

額面は琉球大学開講記念切手と同じく3円ですが、美品の場合はバラでも1枚2800円もの価値があります。

セットの場合ですとさらに高額での取引が期待できますよ。

植林記念切手

沖縄の琉球松、琉球五偉人の一人である蔡温の名前が描かれた植林記念切手。

こちらの切手の価値も高く、1枚でも1500円程度の価格になります。

琉球郵便切手を買取に出してみよう

琉球郵便切手についてや高く売れるもの、実際の買取価格などをご紹介いたしました。

沖縄で短い期間のみ流通していた琉球郵便切手。

コレクションの一貫としてお手元に貴重な琉球郵便切手があるという場合は、状態が劣化しないうちに早めに買取に出すことをおすすめします。

買取は、切手の買取に詳しい業者やネットを通じて送料や手数料を負担してくれるような業者を選ぶと、より高い価格で取引することが可能になりますよ。

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

選べる3つの買取方法

バイセルではお客様のご都合に合わせられる出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法をご用意しております。

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。

 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ