うるとくコラム
うるとく うるとく
 

「500円」に買取価値はある?希少な発行時期をチェック!

「500円」に買取価値はある?希少な発行時期をチェック!

硬貨の中でもサイズが大きく、重さもある500円は何だか持っているだけで嬉しくなっちゃいますよね。

日常生活ではもちろん、お祭りの出店やゲームセンター、自動販売機などでも使用する機械の多い500円ですが、買取価値はあるのでしょうか?ギザ十や50円のエラーコインなどは現在流通しているものでも価値があり、買取業者にも買い取ってもらえます。

でも500円の買取やプレミア関係の話はあまり聞かないですよね。

でも所持しているから価値を確かめてみたい!

と思っている方も多いと思います。

そこで今回は「500円」に買取価値があるのかどうか?プレミアとなる希少な発行時期はあるのか?など500円の買取に関する疑問を解消していこうと思います。

買取査定する時の参考にしてみてくださいね。

500円の買取価値と相場

現在使用されている500円硬貨の1つ前の「旧500円玉」は1982年頃~1999年頃まで発行・製造されていました。

古銭として新しく、発行枚数もとりわけ少なかったわけでもないので他の古銭と比べると買取価値はそこまで高くはありません。

現在流通している500円玉も額面どおりの価値となります。

旧500円玉の中でも査定額が高いイメージのある「昭和64年」のものでも、実は600円程度の買取価値しかないとされているんです。

昭和64年と言うと一週間しか無かったので、発行数も少なく、プレミア感があるかもしれませんが、平成になっても実は少しの間発行されており、合計で1.000万枚以上流通しているんですね。

数十枚や数百枚しか出回っていなかったらそれだけでも希少性が高まりますが、これだけ発行されていたのなら買取価値が下がってしまうのも納得がいきますよね。

昭和62年(1987年)の500円は価値が高い!

一週間しかなくても十分な数が発行された昭和64年の500円玉に対して、昭和62年の500円玉はわずか277万枚ほどしか発行されませんでした。

なので希少価値が高く、買取相場も額面の倍近く「1.000円」前後となっています。

使用感があるものでも、600円以上の買取額が期待できるかと思います。

もし500円の買取でお小遣い稼ぎをしたいなら、昭和62年の年号が刻まれた500円を集めると良いですよ。

ちなみに旧500円は銀行で換金してもらうこともできます。

その際はもちろんですが額面と一緒の500円となるので注意。

昭和62年の500円だと数百円損してしまうので、面倒でなければそのまま所持しているか、買取業者に査定をお願いした方がお得です。

500円の記念硬貨は売れる?買取価値と相場

500円には記念硬貨もいくつかあり、発行枚数が決まっていたため額面以上の買取価値になるものが多いです。

いつもと違うデザインの500円を持っていたらそれは記念硬貨の500円で間違いないでしょう。

万単位の買取相場にはなりませんが、額面以上となるので査定を依頼する価値は十分にあります。

青函トンネルが開通した際に発行された500円記念硬貨は青森と函館の地図が描かれており、買取相場はおよそ1.000円、瀬戸大橋が開通した際に発行された500円記念硬貨もおよそ1.000円の買取相場となっています。

そして所持している方も比較的多い皇太子殿下御成婚の500円記念硬貨(二羽のツルが描かれている)も1.000前後の価値があります。

そんな中でも1.000円以上の買取相場となるのが天皇陛下御即位の記念硬貨と地方自治法施行60周年の記念硬貨。

特に地方自治施行60周年記念硬貨は状態が良いものだと1.500円以上の買取額が狙える場合があります。

記念硬貨を取って置いてる家庭は少なくないので、自宅の掃除や片付けをしていると出てくるかもしれません。

500円硬貨のお手入れ方法

買取相場がそれほど高くない500円ですので、少しでも買取額を上げたいと思う方もいると思います。

そんな時はお手入れしてキレイな状態にしてあげるのも良いと思います。

自己責任ですし、方法によってはさらに汚れてしまう場合があるので自分でお手入れする際は十分に注意してくださいね。

クリーニングをお願いする方法もありますが、クリーニング代の方がかかってしまう事はほとんどなのでオススメしません。

新500円玉はキレイな状態でも買取相場が額面と変わらないので、「旧500円玉」向けのお手入れ方法をご紹介します。

旧500円玉の素材は銅とニッケルが混ぜ合わさった「白銅」となっています。

銅の含有率が高いので《塩素系漂白剤につけて→沸騰させたお湯に入れて汚れを落とす》方法がオススメではありますが、失敗すると腐食の原因になってしまうので、漂白剤を凄く薄めた状態で使用するか、または市販のクリーナーやクロスで優しくだけにした方が良いかもしれません。

もともとキレイな状態であれば、多少使用感があっても査定に大きく響くことは無いので無理にお手入れしないようにしましょう。

旧500円硬貨や500円記念硬貨は額面以上の価値があります。

希少な時期などもチェックして賢く買い取ってもらいましょう。

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

選べる3つの買取方法

バイセルではお客様のご都合に合わせられる出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法をご用意しております。

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。

 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-816-2671
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ