うるとくコラム
 

着物の帯の買取相場はどれくらい?着物と一緒に帯も売れるの?

着物の帯の買取相場はどれくらい?着物と一緒に帯も売れるの?

着なくなった着物を処分する際に、帯の処分についても考える方が多いでしょう。

着物の買取については聞いたことがあっても帯の買取についてはあまり聞いたことがない…という方のために、今回は着物の帯の買取についてご紹介いたします。

着物を処分したい、不要な帯があるという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

着物の帯は買い取ってもらえる?

着物の帯はもちろん買い取ってもらうことが可能です。

着物の帯はただ着物を着る道具としてではなく、そのデザイン性の高さ、結び方などで着物の印象を大きく変える重要なアイテム。

ブランド、産地、作家、種類などによって価格も違い、中古市場での需要も変動します。

どうせ処分するなら少しでも高く買い取ってもらいたいですよね。

帯の買取も行っている着物買取業者がほとんどなので、気軽に査定を申し込んでみましょう。

しかし中には着物とセットでなければ買い取らない、帯単体では買い取ってくれないという着物買取業者もあります。

事前にしっかり調べて、買取対象となっているか確認してくださいね。

着物の帯を高く買取してもらうには?

着物の帯は種類や状態によっては十分に高く買い取ってもらうことが可能ですが、少しのポイントを抑えるだけでより買取価格をアップさせることができます。

着物の帯の買取価格を上げるためにできることをご紹介いたします。

クリーニングに出さない

まずは着物の帯はクリーニングに出さないということ。

着物の帯は、汗ジミや擦れ、ほつれなどが起きやすく、劣化しやすいという特徴があります。

シミや汚れなどがあるとクリーニングに出してから買取を依頼した方が高く買い取ってもらえそうなイメージがありますが、帯のクリーニングは非常に高度な技術が必要です。

洋服のクリーニングを行っているような業者に依頼すると、返って帯の状態が悪くなり余計にボロボロになってしまうという可能性も。

帯の独特の凹凸、風合いなどを失ってしまう可能性もあります。

自分で取れそうなレベルの汚れだけを取り、できるだけそのままの状態で買取に出すようにしましょう。

証明書などを添付する

有名作家の帯、有名産地の帯には、証明書が付属しているケースが多いです。

帯の価格は作家や産地によっても大きく変動し、有名なもの、人気のものであれば当然買取価格も高くなります。

しかし。

それが本物であると証明することができればの話。

きちんと査定できるスタッフがいる買取業者に依頼することも大切ですが、最初から証明書を添付していれば査定の時間を短縮することもでき、きちんとした査定額をつけてもらうことができます。

また、中古の帯として販売する際も証明書があるだけで高い価格で売ることができ、その分も買取金額に反映してもらえることでしょう。

証明書の他にもたとう紙、外箱など、付属品をすべて揃えて購入したときと同じ状態に近づけることで、買取金額のアップを狙うことができます。

着物買取専門店に依頼する

着物の買取は様々な業者が行っています。

洋服の買取業者、ブランド品の買取業者、リサイクルショップなどなど…。

着物についての知識さえ乏しいような業者も多く、このような店舗、業者に売ると安く買い叩かれてしまいます。

また、着物についての知識があっても帯までは詳しくない、あくまで付属品としておまけ程度の価格しかつけてくれないという業者もあります。

着物の帯もきちんと査定してもらいたいのなら、着物の買取についての知識、経験、実績のある専門業者に依頼するのが一番です。

一点一点きちんと査定してくれる、帯の買取実績もある、店頭買取、宅配買取、出張買取など買取方法が豊富に容用意されているような業者を選ぶことで、より納得のいく取引を行うことができますよ。

着物買取を専門としているような業者は販売ルートも豊富に確保しており、ノーブランドの帯や多少汚れが目立つような帯でもきちんと買取してくれます。

不安な方は、一度無料の査定を受けてみるのもいいでしょう。

高額買取となる着物の帯やその買取相場は?

高額買取となる人気の着物の帯の種類や、その買取相場の一例をご紹介いたします。

使いやすい種類の帯

一口に帯といっても、様々な種類があります。

留袖、訪問着などに使うことが多い袋帯や名古屋帯。

小紋、浴衣、紬に利用することが多い半幅帯。

他にも丸帯、角帯、兵児帯などがあり、それぞれに使用用途が違います。

帯の中でも一般的なのが袋帯、名古屋帯です。

ちょっとしたお出かけから本格的な正装の際にも利用することができるため需要が高く、中古市場でも比較的高い価格で取引されます。

帯の状態やもともとの価格、デザインなどにも左右されますが、ノーブランドの帯でも100円から、人気の帯なら20.000円程度での買取も可能です。

有名産地の帯

芭蕉布、博多織、西陣織など、有名産地の帯も買取相場は高めです。

これらは職人が一つ一つ手作業で作っており、なかなか手に入れることができません。

定価も高く、中古品を購入しようと思う方が多いのも事実。

このような有名産地の帯は、買取を依頼すると比較的高い金額で取引することができます。

購入した際に証明書が同封されているはずですのでなくさないように保管し、買取に出す際には一緒に買取をお願いするようにしましょう。

芭蕉布は6.000円から200.000円、博多織は100円から100.000円、西陣織は100円から60.000円程度の買取相場となっています。

有名作家の帯

有名作家、人気作家の帯も高い買取相場がつきます。

中には驚くような高額の査定が出ることもありますので、遺品整理などで出てきた着物の帯は処分せずに買取を依頼するようにしましょう。

着物の帯を作っている人気作家としては、北村武資、木村雨山、久保田一竹、羽田登喜男などがいます。

他にも現在では引退してしまったり、亡くなってしまった作家もおり、このような方が手がけた帯はさらに価格が高騰しています。

また、購入したときはそれほどでも無かったのに、現在は人気の作家となっているというケースもありますよ。

一例ですが、北村武資の帯なら80.000円から300.000円が買取相場。

木村雨山の帯なら1.000円から500.000円が買取相場。

久保田一竹の帯なら10.000円から300.000円が買取相場。

羽田登喜男の帯なら1.000円から300.000円が買取相場となっています。

人気メーカーの帯

産地、作家だけでなく、人気のメーカーであるかどうかも確認しましょう。

帯や着物を手がけているメーカーはたくさんありますが、やはり国内の歴史あるメーカーは人気があります。

川島織物、山口美術織物、河合美術織物、鈴乃屋、やまとなどの帯は品質もデザインもよく、様々な世代から人気があります。

とくに川島織物、山口美術織物の帯は定価が高めという理由もありますが、長く使ってもいい状態を維持できるものが多く、1.000円から70.000円程度が買取相場となっています。

もちろん丈夫といっても長年使い続けていると劣化が進んでしまいますので、不要と判断した帯は早めに買取に出すことをおすすめします。

着物の帯を高く買い取ってもらおう!

着物の帯の買取についてご紹介いたしました。

着物の帯を買い取ってくれる業者は多いですが、きちんと高価買取のポイントを抑えることでよりいい取引が行うことができます。

帯の種類、産地、作家、メーカー、さらには状態によっても大きく買取価格は変動しますので、今回ご紹介した買取相場はあくまで目安としてお考えください。

実際に店舗やネットで査定を受けることもできますので、不安な方はぜひ着物買取専門業者にご相談を!

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-805-0301
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。