うるとくコラム
 

和装小物って売る価値があるの?高額買取はできる?

和装小物って売る価値があるの?高額買取はできる?

着物が好きな方、アンティークなものを集めるのが好きな方、着物を多く所持している方の中には和装小物が余るほどある!という方も少なくないでしょう。

和装小物とはバッグや草履、帯締め、足袋など着物や和服に合わせて使う小物の事を指します。

着物を着る際は必ず和装小物がセットになるので、少しでも持っている方は多いと思います。

最近ではオシャレなデザインの和装小物も増えてきているので、普段のファッションと組み合わせて使用している方もいますよね。

着物と無縁であっても和装小物は意外と近い存在でもあるんですね。

そんな和装小物、不要になっていませんか?できれば着物と一緒に買い取ってもらいたいという方も多いと思います。

様々な状態の着物を買い取ってくれるネットの着物買取サイトであれば、和装小物も一緒に査定してもらう事が可能。

そのまま捨ててしまう前に一度、買取予定の着物と一緒に査定に出してみてはいかがでしょうか?和装小物の種類やその価値、買取価格の例などをまとめてみました。

どれくらいあるの?和装小物の種類

和装小物は細かく分けると非常にたくさんの種類があり、いっぺんに覚えるのはちょっと難しいです。

なので基本的な種類、よく買取される和装小物の種類をまとめてみましたのでチェックしてみましょう。

草履&バッグ様々な色やデザイン、格のある草履とバッグは着物を購入した際にセットになっている事も多く、また基本的に使用するものなので所持している方も多い和装小物となっています。

履物は草履の他にもいくつかの種類があり、下駄や雨草履など用途や着物のデザイン、格に合わせて使い分けます。

素材も夏と冬では違ってくるので頭に入れておくようにしましょう。

ビーズや金糸を用いたものは華やかさがあるので礼装向けとなっています。

草履にはヒールのように高さがあり、その高さによって格が判断される事が多いようです。

草履が高いと格も高く、草履が低いと格も低いといった感じになるようですね。

草履と同じく着物とセットになっている事が多いバッグには、かご型、巾着型、手提げ型など種類があり、着ている着物の雰囲気やデザインに合わせて選ぶのがポイント。

買取してもらう際はセットものである場合、できるだけ全て揃えて査定してもらった方が高額査定に繋がりやすくなります。

帯留め・帯締め帯留めはその名の通り、着物を着た際に結んだ帯を押さえるための和装小物となっています。

目的や場、雰囲気に合った帯留めを使用するのがマナーでありますが、アクセサリーの1つでもあるのでお茶の席や礼装ではあまり使用されません。

種類は彫金、陶器、鋳金、木彫り、珊瑚、宝石、真珠など様々。

中央部分に締める形になるのでアクセントにもなりますし、周囲の目線も集めます。

帯締めも帯留めと同様、着物を着た際に結んだ帯を押さえるために使用され、アクセサリーの1つとなっています。

使用する素材によって夏物と冬物に分かれているのが特徴。

帯留め、帯締めは使用する素材や装飾により買取の価値が変わってきます。

足袋埼玉県の行田市が有名な産地である「足袋」。

普段着の靴下のような存在で、草履などを履くため、目立つ足元の見栄えを良くするためにも重要な和装小物となっています。

白が一般的ですが、柄物や色の入った種類もあり、用途や着物の種類に合わせて上手く使い分けるのがポイントです。

白の足袋の場合、真っ白で汚れていないキレイなものを履くようにしましょう。

足袋のかかと部分には金具(コハゼ)がついているので、きちんと自分の足のサイズに合ったものを選ぶようにしてくださね。

金具の数は2枚~5枚まであり、着る着物の種類に合わせて使い分けている方もいます。

金具が4枚ついている足袋が履きやすく、着物初心者にもオススメ。

足袋の場合、汚れやすい事もあり、きちんと保管しておかないと買取額がつかない場合があるので注意しましょう。

他にも巾着や帯枕、伊達締め、伊達衿、帯板などがメジャーな和装小物となっています。

和装小物買取価格の例

草履&バッグ買取価格の例

草履とバッグ、それぞれ単品でも買取査定してもらうことはできますが、色や柄、ブランドなどでセットになっている場合はセットの状態で査定してもらった方が買取額が上がりやすくなります。

着物と同じく有名作家のものや、人気の柄・デザインだと欲しがる方も多くなるので、その分買い取ってもらいやすくなります。

証紙などが価値を証明できるものがあれば用意し、専用のケースや箱がある場合はきちんと中に入れておくようにしましょう。

ただし、セットでも人気の無いものや状態があまりにも悪いものだと買取不可となる場合もあります。

全体的な買取における価値はやや高め。

真珠の帯留め買取価格の例

様々な装飾が施されている帯留めは、真珠、特にアコヤ真珠などの場合、状態が良ければ5万以上の高額査定となる場合があります。

真珠や宝石など装飾品自体の価値が高い場合、必ず証紙などがセットでついているのである場合は必ずつけるようにしましょう。

いかがでしたでしょう。

和装小物でも種類や作品によっては着物以上に高額買取してもらえる可能性があるんですね。

ぜひ不要になった着物と一緒に買い取ってもらいましょう。

記事一覧はこちら
 

うるとく一押しの買取業者はこちら!

24時間申し込みを受け付けてくれます。今すぐお電話!
フリーダイヤル0800-805-0301
(携帯電話・スマートフォン対応)
お申し込みフォームへ

バイセルなら24時間、WEBでのお申込みを受け付けてくれます。

即日対応も可能で、ご相談・ご質問も受け付けてくれます。
ぜひ、買取専門店「バイセル」に今すぐお問い合わせください。